京阪奈ぶらり歴史散歩
トップページへ 京都・歴史散歩 大阪・歴史散歩 奈良・歴史散歩





 
京阪奈ぶらり歴史散歩
大阪の年中行事
 
京都の年中行事はコチラ   奈良の年中行事はコチラ   最新のイベント情報はコチラ
 
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
9〜11日
十日戎
 
 
今宮戎神社
3日
豆まき
*下記参照
 
成田不動尊
大相撲
3月場所
上旬
西の丸庭園
ライトアップ

 
大阪城公園
1日
のざき
まいり

 
野崎観音
14日
御田植神事
 
 
住吉大社
6〜7日
七夕祭
 
 
機物神社
1日
PL
花火大会

 
富田林
1日
八朔祭
 
道明寺
天満宮
第2日曜
御堂筋
パレード

市役所〜
難波
中旬
紅葉狩り
 
 
四天王寺
2日
懸鳥祭
 
 
坐摩神社
14日
どやどや

 
 
四天王寺
8日
お針まつり
 
 
大阪天満宮
1日
梅花祭
 
 
枚岡神社
中旬
桜の
通り抜け

*下記参照
造幣局
12日
卯之葉
神事

 
住吉大社
30〜7/2
愛染祭
 
 
愛染堂
7日
京阪七夕イベント
*下記参照
私市駅
9日
千日まいり
 
 
葛井寺
14〜15日
岸和田
だんじり祭

 
岸城神社
14日
伊勢大神楽
 

玉造
稲荷神社
2〜23日
神農祭
 
少彦名
神社
14日
やっさい
ほっさい

 
石津太神社
14日
大阪
とんど祭

 
千里天神
中旬〜
梅まつり
 
道明寺
天満宮
9〜13日
十三まいり
 
 
大平寺
13日
御田植神事
 
 
杭全神社
30日
夏越の祓
 
 
石切神社
11〜14日
杭全神社
夏祭

 
杭全神社
24日
がんがら
火祭り

 
池田市役所
お彼岸
秋季彼岸会
 
 
四天王寺
25日
流鏑馬
 
*下記参照
天満宮
23日
新嘗祭
 
 
枚岡神社
25日
終天神
 
 
大阪天満宮
24〜25日
初天神
 
 
大阪天満宮
中旬〜
てんま天神
梅まつり

 
大阪天満宮
お彼岸
春季彼岸会
 
 
四天王寺
13日
花摘祭
 
 
大鳥神社
24〜25日
天神祭
 
 
大阪天満宮
25日
秋思祭
 
 
大阪天満宮
28日
黒井の清水
大茶会

 
茨木神社
下旬
光の
ルネサンス

*写真あり
中之島
28日
初不動
 
 
龍谷不動
20日
一夜官女
 
 
住吉大社
25日
菜種御供
大祭
道明寺
天満宮
20日
開運祭
 
 
野勢妙見山
31日
夏越の祓
 
 
住吉大社
28日
献茶祭
 
 
生國魂神社
28日
納め不動
 
成田山
不動尊


上記以外にも年中行事や秘宝公開はたくさんあります
今月のお祭りの詳細な情報は最新イベント情報のページへGo

★イベント等の日程・内容は変更される場合もあります。
★見物場所によっては、別途拝観料が必要な場合もあります。


 
毎年2月3日前後
各地の節分行事
例年予定されている節分行事
*場所によっては別途拝観料が必要です
*予定は変更される場合もあります
日付 場所 交通 備考
2月3日 露天神社 大阪駅・梅田駅 お初天神の節分祭、豆まきやお火焚きのおか、16時半〜うどん・ぜんざい・お神酒の振る舞いあり
成田山不動尊 京阪・香里園駅 10時半〜12時〜13時〜14時〜15時〜の5回の豆まき・・・有名人著名人が参加する事でも有名
生國魂神社 地下鉄
谷町九丁目
願い事を書いた祈祷木(ゴマギ)を神職が焚き上げ、祈祷成就を祈る神事を行う、9時〜
  住吉大社 阪堺線
住吉鳥居前
節分の日に新春を祝うお祭り…境内ではぜんざいが振る舞われ、厄除けの参拝者で賑わう。9時〜
石切劔箭神社 近鉄・石切
または新石切
神官た50人余りが、豆やお餅を一斉にまき、厄除けを祈願する
道明寺天満宮 近鉄・道明寺 神事の後、出てくる鬼に向かって豆をまき、鬼が退散すれば、無事終了、19時半〜祭典、20時〜豆まき
2月1日
〜7日
吾彦山
大聖観音寺
地下鉄・あびこ
JR・我孫子
あびこ観音の名前で知られ、この期間に厄除けに祈願をする人が多い、本尊・聖観音像もご開帳
 
毎年4月中旬
造幣局 桜の通り抜け
夜はぼんぼりでライトアップされます
造幣局の通り抜け・今年の桜・大手毬
造幣局・桜の通り抜け 造幣局・桜の通り抜け・周辺地図
京阪の天満橋駅からは、案内板にしたがって進んで行けば良いので、始めての人も大丈夫で…コースは南から北への一方通航ですが、並行に走る桜ノ宮公園の道に数多くの露店が出ますので、楽しみながら天満橋駅へと戻れます
見上げるだけでなく、目の高さに桜の花を観賞できるのも、通り抜けの魅力です。
造幣局・桜の通り抜け・閑山
関山(かんざん)
造幣局・桜の通り抜け・糸括
糸括(いとくくり)
造幣局・桜の通り抜け・紅虎の尾
紅虎の尾(べにとらのお)
造幣局・桜の通り抜け
造幣局・桜の通り抜け・蘭蘭
蘭蘭
造幣局・桜の通り抜け・大島桜
大島桜
造幣局・桜の通り抜け・御衣黄
御衣黄(ぎょいこう):
葉桜ではありません、こんな色の花なんです。
造幣局・桜の通り抜け・鬱金
鬱金(うこん)
造幣局・桜の通り抜け・雨情枝垂
雨情枝垂(うじょうしだれ)
造幣局・桜の通り抜け・大手毬
記念メダルのデザインにもなってる『大手毬』
桜の淀川べり
行く桜を惜しむような淀川べり
造幣局・桜の通り抜け・大手毬
 
造幣局・桜の通り抜け・大手毬
 
毎年2月15日前後と3月15日前後
涅槃会(ねはんえ)
涅槃会とは…

予定されている各地の涅槃会
*場所によっては別途拝観料が必要です
日付 場所 交通 拝観料 備考

3月1日
〜31日
真如堂 京都市バス
真如堂前
500円 15日:法要、1日〜31日の9時〜16時まで涅槃図が公開。花供祖(はなくそ)あられの授与も
3月14日〜16日 東福寺 京阪または近鉄
東福寺
三門:500円
龍吟庵:400円
本堂にて大涅槃図の公開と献花展、尺八献笛、甘酒の接待(本堂:無料)
3月14日〜16日 泉湧寺 京阪または近鉄
東福寺
500円 法要は15日、期間中、極彩色の涅槃図を特別公開
3月15日 清涼寺 京阪市バス
嵯峨駅釈迦堂前
当日のみ無料 京都三大念仏狂言の一つ嵯峨大念仏狂言・鑑賞と涅槃会法要の後、お松明式
3月15日〜4月15日 本法寺 京都市バス
堀川寺之内
500円 10時〜16時・あの長谷川等伯の涅槃図(重文)を公開。光悦作の名勝「三巴の庭」も…

2月15日 四天王寺 地下鉄
夕陽ヶ丘
中心伽藍
300円
金堂の「涅槃図」前の法要後、仏石釈迦如来石像前にて献花とおつとめ
3月15日 彌勅堂 阪急茨城下車
南へ1km
無料 13時〜16時、彌勅堂に伝わる釈迦涅槃図と、十三図を一般公開公開

2月15日 興福寺 近鉄・奈良 お釈迦様の命日に涅槃画像を掲げ法要を行なう、甘酒の接待
2月15日 唐招提寺 近鉄・西の京 お釈迦様の命日に、その様子を描いた涅槃図を掛け、独特な造花を供えて、供養も法要
2月15日 法隆寺 JR法隆寺 釈迦が入滅されたとする2月15日にその遺徳を讃える法要
3月9日 宝山寺 JR・近鉄生駒駅からケーブルカー 境内自由 10時〜12時、護摩終了後、無病息災を祈って火渡りに参加で、不動明王の護符を授与
今から約2500年前の旧暦2月15日・・・仏教の開祖であるお釈迦さまが80歳の生涯を終えましすが、仏教では、そのお釈迦さまの死の事を、人の死と区別して涅槃(ねはん)と呼びます。
涅槃会は、そのお釈迦さまのご命日と、それを新暦の3月15日に置き換え、その教えや徳に感謝する行事・・・多くは、お釈迦さまが亡くなった時の様子を描いた涅槃図を堂内に掲げ、最後の説法が書かれた遺教経
(ゆいきょうぎょう)を読みます。
涅槃図(東福寺蔵)

   ↑東福寺涅槃図
 
毎年6月末日と7月末日
夏越の祓(なごしのはらえ)
 
夏越大祓とは、6月から7月にかけて各地で行われるお正月から半年間のケガレを祓う神事です。
6月後半から7月に行われる知らず知らずのうちについた邪気を祓う行事、多くはケガレを託した人形(ひとがた)を川に流したり、焼いたりしてケガレを祓い、『備後風土記』の故事にちなんで茅の輪をくぐります。
備後風土記
素戔鳴尊(スサノオノミコト)が旅先で病にかかった時、蘇民将来という男の家で茅のふとんと栗でもてなしてもらったおかげで快復に向かい、そのお礼として、「次に疫病が流行った時、ちがやで輪を造り腰にぶらさげておけば疫病から逃れられるだろう」と教えられます。
やがて、本当に疫病が流行った時、言われた通りにした蘇民将来の家族だけが疫病にかからずにすんだのです。
椰神社の茅の輪くぐり
茅の輪くぐり
夏越大祓ピックアップ
6月30日 石切神社 近鉄・新石切 本殿正面の大きな茅の輪で、一般参加できる
茨木神社 阪急・茨木市 神主を先頭に厳かに茅の輪くぐりが行われる
7月31日 住吉大社 南海・住吉大社 夏越女や稚児による茅の輪くぐりが行われる
 
毎年7月7日 午後7時頃〜
京阪電車・私市駅 七夕イベント
1年ぶりの出会いをはたす「おりひめ」と「ひこぼし」2008 毎年、7月7日、七夕伝説の残る京阪交野線・私市駅で、ロマンチックなイベントが行われます。

京阪本線から交野線に乗り入れしている朝の特急が『おりひめ』、夕方の準急が『ひこぼし』と名づけられていますが、いつもは出会うことのない2台の電車が、七夕の夜7時過ぎに私市駅で数分間の再会を果たします。

全国からの鉄道ファン&地元の京阪ファンが集まる人気のイベント…当日は、機物神社の七夕祭をはじめ、天野川や私市駅周辺もライトアップされ、幻想的な七夕の夜となります。

←は2008年の出会い

★2013年のダイヤ改正により、「おりひめとひこぼしの出会い」はなく、七夕仕様のラッピング電車の走行やゆるキャラの登場するイベントとなっています。
2005年の出会い
2005年
2007年の出会い
2007年
2009年の出会い
2009年
2010年の出会い
2010年
 
毎年7月24日・25日
天神祭
24日:宵宮
25日:本宮
ご存知日本三大祭の一つ・・・

非業の死を遂げた菅原道真公を祀る大阪天満宮・・・
創建の2年後に、まずは鉾流神事(ほこながししんじ)が行われるようになり、その神事をい氏子たちが船から見守ったのが、船渡御(ふなとぎょ)の始まりなのだとか…

現在では、23日のギャルみこしを皮切りに、24日の宵宮は大阪天満宮を中心に・・・25日の陸渡御で天満宮を出たお祭は、舞台を大川に移し、水の都のハイライト・船渡御へ・・・最後には、約5000発の奉納花火が大阪の夜空を焦がします
天神祭周辺地図
天神祭・周辺地図
23日
12時〜15時 ギャル御輿 天神橋筋商店街
24日・宵宮
8時50分頃 鉾流神事 鉾流橋畔
16時〜19時 催太鼓 天満宮周辺
16時半頃 獅子舞 天満宮周辺
25日・本宮
16時〜18時 陸渡御 天満宮〜天神橋
18時〜20時 船渡御 天神橋〜飛翔橋
19時頃〜 奉納花火 桜之宮公園
22時頃 宮入り 天満宮
                  (*時間は目安です)
24日・25日の終日
 天満宮では地車囃子と龍踊り
鉾流神事・・・・・・・・・・ 神童を乗せた船を堂島川に漕ぎ出し船から神鉾を流します
催太鼓・・・・・・・・・・・・ 巨大な太鼓を丸太に固定し、叩き手と担ぎ手が荒々しく叩きながら天満宮周辺に祭の準備が整った事を報告します
獅子舞・・・・・・・・・・・・ 獅子舞を先頭に傘踊りなど約300名が練り歩きます
陸渡御(りくとぎょ)・・・ 催太鼓・獅子舞を先頭に複数の御輿が約3000名の行列とともに進みます
船渡御(ふなとぎょ)・・・ 天神祭のハイライト!約100隻の船団が、かがり火や燈籠に照らされながら大川を上下します
 
毎年10月25日
大阪天満宮の流鏑馬(やぶさめ)神事
平安時代の中期頃から「武士のおこり」とともに発達していった流鏑馬は、 やがて、あの源頼朝が武士のたしなみとして推奨し、幕府の行事として組み込んだ事から、鎌倉時代に全国的に広まって行き、神事として各地の神社に奉納されるようになります。

しかし、その後、合戦の様式が集団戦に変わって行くにつれて流鏑馬は衰退し、戦国時代にはほとんど見られなくなりましたが、江戸時代に入って、 やはり、平和な時代でも日頃の鍛錬は大切・・・と見直され始め、再び復活の兆しを見せました。

そんな中で、ここ大阪天満宮の流鏑馬神事は、 室町時代に行われていた形跡はあるものの、やはり、いち時中断していた物が、元和元年(1615年)の大坂の陣の後に、大阪城主となった
松平忠明が幕命により神事として復活・・・以来、徳川幕府が滅んだ維新後も、鎮台司令官、旧陸軍第四師団 が、これを継承し、現在は、関西大学・馬術部の学生さんが奉仕されています。

ご存じのように、本来は、走る馬上から的に向かって矢を射るのが流鏑馬ですが、ここ天満宮周辺は江戸時代から大都会であったため、見物人の数がハンパなく、大変危険なので、江戸時代中期には、すでに、的を射る形式から、半弓で的を叩いて打ち砕く形式に変わったという事です。

見物のポイントとしては、天満宮の南門から南へ伸びる道に、的が3か所設置されますが、それぞれの的は10m以上は離れていますので、どのみち、1度に全部の箇所は見ることができませんので、どこか一つに絞れば、見やすい位置は確保できます。
やはり、南門に近いほど、人は多いです。

大都会の真ん中の普通の道を、馬が激走する姿は、なかなかに精悍ですよ!
大阪天満宮の流鏑馬神事:半弓で的を叩き割ります
写真右奥に見えるのが天満宮の南門
大阪天満宮の流鏑馬神事:的がバラバラに… 割れてバラバラになったた的は縁起物…

終わった後に見物客が持って帰ります。
大阪天満宮の流鏑馬神事:大切に持って帰ります




情報がお役にたちましたらWeb拍手で応援してください
更新の励みになりますm(_ _)m→
 
 
お探しの情報が見つからない時は↓
サイト内検索
カスタム検索
 
 





トップページへ 京都・歴史散歩 大阪・歴史散歩 奈良・歴史散歩 このページの先頭へ