京阪奈ぶらり歴史散歩
トップページへ 京都・歴史散歩 大阪・歴史散歩 奈良・歴史散歩
     
   
     
 大阪城公園・周辺パーフェクト歴史散歩
 
     
周りの建物はどんどん変わってもお城だけは、いつも変わらず堂々と・・・ビルに囲まれた大阪城天守閣の誇らしげな姿は、まるで、十勇士を従えた真田幸村のよう・・・。

豊臣時代は、シルクロードを通ってやってきた、ヨーロッパのガラス細工の技術を取り入れて作った"にしき"の瓦でおおわれていたらしい・・・相当美しかったことでしょう。

難波宮跡からスタートする場合は・・・地下鉄谷町四丁目から・・・
青屋門から行く場合は、環状線大阪城公園駅

また、環状線と京阪電車の交わる京橋からビジネスパークを通って、未来都市を思わせる高層ビルの向こうに現れる天守閣の姿を見るのも一興かと・・・
 
ホテルKKRオオサカより望む大阪城公園
 
さらに、パーフェクトをめざすなら、【太閤下水と大阪城石垣めぐり】のコースも合わせてご覧ください。
ガイドブックに紹介されないヒミツの場所をお教えします
JR:大阪城公園駅
 10分
1 水上バスのりば
 05分
2 青屋門・梅林
 03分
3 山里曲輪
 02分
4 大坂城・天守閣
 01分
5 桜門
 01分
6 豊国神社
 02分
7 蓮如袈裟懸の松
 05分
8 西の丸庭園
 03分
9 大手門
 07分
10 教育塔
 05分
11 大阪歴史博物館
 05分
12 大村益次郎の碑
 すぐ
13 難波宮跡
 10分
14 城中焼亡埋骨墳
 10分
JR森之宮駅

歩行時間:約1時間40分
大阪城周辺の歴史散歩地図
大阪城とその周辺の見どころは天守閣だけではありません・・・縄文時代の集落に始まり、難波宮→石山本願寺→豊臣→徳川→そして東洋一の近代軍事拠点・・・

と、大阪城が歩んできた歴史の数だけ史跡が存在します。さぁ、思う存分大阪城周辺を楽しんでください!
ちょっと より道
(ページの後半で紹介しています)
● 白山神社(本多忠朝・物見の銀杏)
白山神社 大坂冬の陣の際、徳川方の本多忠朝が上った大イチョウの木が現存します
地図を別窓で開く・印刷する
水上バス
    乗り場 
 
水都・大阪の川めぐりをして同じ場所に戻ってもよし、淀屋橋で降りることもできます。桜の季節は川側からの花見も一興。

低い橋の下を通るとき、船の天井が下がる仕掛けになっているのもおもしろい。

大人:1700円で大阪城と中之島を巡ってくれます…
                     くわしくは公式サイトへ
水上バスのりば
青屋門
   梅林
 
大阪城・青屋門
徳川時代には引橋(押し出し、引き入れ自在の装置)が架かっていました。
大阪城・梅林
大阪城・梅林
青屋門を入ってすぐ左手に梅林があります。
●極楽橋 
何となく雰囲気のいい極楽橋は、よく時代劇でも使われています・・・遠野黄門も助さん格さんをお供に、例の笑い声高らかに渡ってましたよ。

青屋門から極楽橋を渡って、少し階段を登ると、山里曲輪と呼ばれる天守閣の北側に到着します。
  やまざとくるわ
山里曲輪
地図@〜D
   刻印石公園
   自害の地
   弾丸跡
   会所跡
   ズレた石垣
 
大阪城天守閣と山里曲輪付近の詳細地図
天守閣・山里曲輪周辺詳細図
山里丸周辺 左記詳細地図@〜D参照
刻印石公園
@刻印石公園には徳川時代に、各大名から謙譲された刻印石(印の入った石)が並べられています。
天守閣の南側は沢山の観光客のかたがおられますが、北側のこの山里丸あたりは、あまり多くなく、特に秀頼・淀君の石碑は、訪れる人も少なく、物悲しさを感じます。

刻印石公園については、
ちょっとマニアな大阪城「大阪城刻印石・石垣巡り」へどうぞ
秀頼と淀君・自害の地
↑A秀頼・淀君
    自害の地
大阪城・機銃掃射による弾丸跡
B機銃掃射による弾丸跡は、太平洋戦争の遺物で、これも後世に伝えねばならない大切な史跡・・・見逃し度90%!山里曲輪から出枡形へ登るの新しい階段の横にあります。
大阪城・山里出枡形の会所跡
C山里出枡形・会所跡
平成18年(2006年)1月からおこなわれていた山里出枡形(やまざとでますがた)の発掘調査で、2月15日、裏込(うらごめ)と呼ばれる石垣の背面や、地中に埋もれていた階段、排水目的で作られた会所(かいしょ)が確認されました
発見時の様子
階段は、寛永7年(1631年)以前に描かれた絵図『大坂城普請丁場割之図(おおさかじょうふしんちょうばわりのず)』に描かれ、徳川築城時代の物と思われますが、会所は描かれておらず今回が新発見となる物です。
会所
発掘現場
一辺約1.6mと1.2mの花崗岩を組み合わせたもの。上面には内側へ水を流し込むための溝があり、内部には、石で組まれた暗渠(あんきょ)があります。
大阪城天守閣・北東部の空襲によってズレた石垣 D天守閣下のズレた石垣
太平洋戦争時、壊滅状態になるほどの砲撃を受けた東洋一の軍事施設・・・それでも、天守閣は倒れませんでした。

こちらは
見逃し度95%!東側を覗き込むようにしないと見えません。
天守閣
(拝観:600円)
記地図E〜H
  金明水の井戸 
   
  金蔵
  旧市立博物館 
   
 
徳川の石垣の上に、豊臣デザインの天守閣が、昭和の大阪市民によって建てられ、平成の大修理が行われた、まさに時空を越えたコラボ作品・・・アメリカの砲撃にも耐えた天守閣は、大阪市民の誇り・・・
(くわしくは、下記囲み記事:大坂城の歴史で)。

5層8階建ての天守閣は、
最上階が地上50mから大阪の町を一望できる展望台。

7階は、ジオラマやミニチュアで再現する秀吉の生涯。
5階は大阪城天守閣秘蔵の「大坂夏の陣屏風」を細かく紹介。
3階・4階は貴重な宝物が定期的に入
各階展示物
8F
展望台
7F
豊臣秀吉の生涯
5F
大坂夏の陣屏風
4F
歴史資料展示
3F
歴史資料展示
2F
お城情報パネル展示
1F
ミュージアムショップ
替えられる常設展示と特別展覧会スペース。
2階は現在の発掘状況やお城の基礎知識をパネル展示。
1階はミュージアムショップと大阪城と秀吉をビデオで紹介するシアタールームがあります。
天守閣からの展望
↑最上階からの展望
金明水の井戸
G金明水の井戸
抜け穴の噂が・・・
号砲
H号砲↑
戊辰戦争の時、薩長軍に備えて設置された物…昔はお昼にドーン鳴って時を知らせました。
兜・陣羽織の試着体験コーナー 天守閣3階には、大阪城ゆかりの有名武将の兜と陣羽織を試着して写真撮影ができるコーナーがあります。
「大坂夏の陣図屏風」について
天守閣の3・4階では、甲冑や古文書など天守閣秘蔵の品々が数多く展示されていますが、やはり、天守閣秘蔵のお宝の中での一押しは「大坂夏の陣図屏風」・・・なんせ、5階の1フロアすべてを使って紹介してくれているほどですから・・・

ただし、それだけ貴重な品ですので、ホンモノが展示されるのは、年数回・・・あとは、パネルやレプリカの展示で、かくいう私も、まだホンモノは2回しか見た事がありません。

しかし、5階のフロアでは、ミニチュアやビデオを使って、その屏風に描かれた内容を事細かく紹介してくださり、いかに、そしてなぜに、この屏風が貴重であるのかが理解できる仕上がりになっています。
この「大坂夏の陣図屏風」は、徳川家康配下の黒田長政が、その戦勝の証として書かせたものですが、他の合戦図屏風と異なるのは、武将同士によるによる合戦の様子だけでなく、戦いに巻き込まれた一般市民の悲惨な状況や、殺戮を繰り返す雑兵の姿が描か
襲われる女性
れているのです。

平成20年(2008年)6月にはNHK「その時歴史は動いた」で、「戦国のゲルニカ」として紹介され、一気に注目を浴びましたが、武将のカッコよさだけでなく、戦争の悲惨さをも伝える作品として一見の価値ありと思います。
F金蔵→
江戸時代に幕府の金貨や銀貨を保管した蔵…93uの内部は大小二つの部屋に分かれ、手前は通常の、奥には非常の金銀を保管。
床はすべて石敷きで、扉は2重の土戸と鉄格子の3重構造と防犯にも防災にもバッチリです。
金蔵 金蔵・扉
地質調査・ボーリング跡
天守閣前のこの井戸のような物が、昭和三十四年(1959年)の地質調査跡・・・これによって豊臣時代の大阪城が地下に埋まっている事が判明、くわしくは豊臣の石垣のページへGo
旧・市立博物館
E旧市立博物館↑もともとは旧陸軍第四司令部だった建物を博物館として使用後、現在は、大阪に現存する最大の戦争史跡として保存。
ベストショット

天守閣広場の土産物屋さんと土産物屋さんの間をよく見ると、池のある日本庭園があります。

ここは、維新が成った時に、幕府からこの大坂城を譲り受けた新政府が、ここに陸軍の本拠を置こうとしたものの、当初は、何も建物が無かったために、紀州の徳川家の御殿を移築して使用した際の名残りなのです。
紀州御殿跡の日本庭園越しの天守閣
今はその建物はありませんが、名残りとなった池越しに見る天守閣が、かなりのベストショット!…せひ、写真に収めてください!
 
桜門
桜門
本丸の正面を守る重要な枡形で特に大きな巨石が用いられれています。
桜門横には、大きさ第1位の蛸石と第3位の振袖石があります
石垣の大きさベスト10は石垣めぐりのページへGo
豊国神社
(境内自由)
 
豊国神社
神社のドまん中に秀吉像・・・まぁ、出世開運の神様だからなぁ
豊臣秀吉像 秀石庭
 
境内には、秀石庭と呼ばれる枯山水の庭園があり、ボランティアガイドの案内所もこの境内にあります。
神社では結婚式もOK!
蓮如上人
袈裟懸の松
 
蓮如上人袈裟懸の松 大阪城の歴史でも書かせていただいたように、ここは、もともと浄土人宗の中興・蓮如上人が住んだ大坂御坊のあった場所・・・

今は何代目かの松が青々と茂り、初代は根本のみとなってしまいましたが、数少ない石山本願寺時代の史跡です。
初代・蓮如上人袈裟懸の松
庭園周辺
本願寺跡
  太鼓櫓跡
西の丸庭園周辺 下の地図の青字番号を参照してください
大阪城・石山本願寺伝承地の六番櫓 @石山本願寺伝承地
←写真に写っている櫓は六番櫓・・・このあたりが石山本願寺の中枢部分だったとされています。


太鼓櫓のところには、二ノ丸の出入口に城門があり、平時には時刻を、戦時には出陣を知らせる太鼓が収納された二層のやぐらがあったので、太鼓櫓と呼ばれていたそうです
A太鼓櫓跡
大阪城・太鼓櫓跡
右側の石垣の上に太鼓がありました
西の丸庭園
(入場:200円)
  冠木門 
  千貫櫓 
  大阪迎賓館 
  乾櫓 
  焔硝蔵 
  高麗門 
   
 
大手門・西ノ丸庭園周辺詳細地図
大手門・西ノ丸庭園周辺詳細図
西の丸庭園 入園料:200円
西の丸庭園は、中央が広場となっていて、子供たちがボール遊びに興じれる家族連れに最適な空間です。
大阪城・西の丸庭園
西の丸庭園・冠木門 @冠木門
西の丸庭園へはこの門から入園します。

北側の高麗門からは入園できませんのでご注意を・・・
A千貫櫓(せんかんやぐら)
大阪城・千貫櫓
大手門の多聞櫓側からはそばに近づけない千貫櫓は、西の丸庭園側からどうぞ・・・
こちらからだと、加藤清正の息子・忠広さんの刻印石も確認できます↓
千貫櫓の加藤忠広の刻印石
大阪迎賓館
B大阪迎賓館
米大統領をはじめ、各国のVIPをお迎えする事もある、ここが噂の大阪迎賓館です。
 
 
          C乾櫓(いぬいやぐら)
上記の千貫櫓とともに、現在の大阪城最古の建物。

西の丸の乾(戌亥)・・・つまりは、北西部分を守る重要な櫓で、L字型という珍しい建て方で昔は「三方正面の櫓」とも呼ばれていたそうです。

徳川幕府の大阪城再建の初期の元和六年(1620年)の段階で、小堀遠州総指揮のもと建てられました。
大阪城・焔硝蔵
石造の硝煙蔵・・・日本で唯一つの現存です。
D焔硝蔵
   (えんしょうぐら)

徳川時代の火薬庫で、この中に大量の黒色火薬が保管されていました。

徳川大阪城再建初期の頃は土蔵造りでしたが、青屋口の焔硝蔵が落雷で大爆発を起した万治三年(1660年)以降に石造で再建されました。
大阪城・高麗門
E高麗門
今は、ちょっと寂しい感じの高麗門ですが、門の前には、あの夜桜が楽しめる桜があり、春には大変賑わいます。
大手門
多聞櫓
 
   
   
 
2016年(平成28年)9月17日〜11月27日の土日祝
「大阪城の櫓内部特別公開」
くわしくは公式ページへ
大手門 左から千貫櫓・多聞櫓・大手門・・・外堀の正面玄関です(上記、西の丸庭園付近の地図参照)
大阪城・大手門と櫓
見逃し度90%!
★大手門の謎の柱継ぎ
大手門・柱継ぎ
大手門を正面から見て、右側の柱には、いつの時代にほどこされたのかわからない謎の柱継ぎがあります。

おそらく、柱の下部分が焼けるか腐ったかで損傷したため、新しい木で継いだものですが、片面は谷間と山間を継ぎ合わせ、もう片面は鉤型・・・どうやって組み合わせたのかは、近年のレンドゲン調査で初めて解明。
今回のルートだと、反対側から来る事になりますが、大手門を正面から入ると、前方に大きな石垣の行き止まりで、ほぼ直角に曲がる形で多聞櫓の下の城門となります。
大手門周辺 直角に曲がる・・・つまりは、猛突進してきた敵は、ここでスピードを遅さざるえお得ない。
しかも、正面の続櫓からは、鉄砲で狙い撃ち
B多聞櫓(たもんやぐら)
大阪城・多聞櫓
写真左が大手門、正面が多聞櫓の渡櫓、右に続櫓見えます。
←多聞櫓(渡櫓)の屋根・・・確かに、槍落しの穴が・・・しかし、よく見ないとわかりません。
多聞櫓の続櫓からの景色
↑続櫓の窓からの眺め・・・大手口が真正面です。
A
千貫櫓


こちらは、大手を出て堀の向かい側から見た千貫櫓
大阪城・千貫櫓
公開されていない時は多聞櫓側からはそばに近寄れませんので、普段は、上記の西の丸庭園側から見る事をおすすめします。
多聞櫓と千貫櫓の内部
 
普段は外側からしか見られない多聞櫓と千貫櫓の特別公開で中を拝見させていただきました。
多聞櫓は、大手門を入って正面の石垣の上に造られた続櫓と鉄の城門を下に備えた渡櫓でL字型になった長屋です。

この建て方の櫓を多聞と呼ぶのは、織田信長の傘下となった松永久秀が、自身の多聞城を建築した際に、この方式の櫓を設置し、その防御力の高さと建物の美しさを気に入った信長が、自分の安土城にも、この方式の櫓を設置し、それ以来戦国武将の間で、城にこの櫓を設置するのが大流行・・・で、この方式の櫓を最初に設置した多聞城の名をとって、多聞櫓と呼ばれるようになったのだとか・・・。

↑続櫓内部・・・右側が大手門側で、窓の下に複数の鉄砲用の穴があり左側には、兵が待機する9畳〜12畳の部屋が六つ

↑渡櫓の内部・・・城門の真上にあたる部分に、槍落しの四角い穴が・・・
 
信長がその防御力に感動するのはムリもありません。

続櫓からは、敵が突入してくるであろう大手門が真正面・・・そこには、鉄砲用の穴が開けられ、ここでスピードを弱めた敵は、直角に曲がった渡櫓の城門の前でその屋根に設置された槍落しから槍の雨に遭遇するのです。
続櫓、渡櫓ともに、外観からの想像以上に、中が広い感じがします
多聞櫓・内部
        ↑多聞櫓・渡櫓の内部
 
現存するのは、この大手門の多聞櫓だけですが、古図によれば、京橋口や玉造口さらには山里曲輪などにも、多聞櫓がありました。
10 教育塔
 
室戸台風で学校ごと犠牲になった教師と生徒たちの慰霊塔
外堀・六番櫓 教育搭に立ち寄ったら、外堀を挟んで向かい側の六番櫓の下にある「ぬけ穴?」もチェックしよう・・・
   くわしくは【石垣めぐり】のページへ
大阪城公園内・教育塔
11 大阪
  歴史博物館
(入館:600円)
 
難波宮・復元
昭和初期の街 法円坂遺跡
高床式倉庫
各時代の街並みが再現され、大阪の歴史が楽しく学べるようになってます。
原寸大の難波宮大極殿は、圧巻です。
博物館の前には古墳時代の法円坂遺跡があり、高床式倉庫が復元されています。
12 大村益次郎
殉難報国
  の碑 
 
大村益次郎・殉難報国の碑 国立病院機構・大阪医療センター
明治二年(1869年)、大坂医学校病院として創立された国立病院機構・大阪医療センター。

明治新政府の軍部の近代化に尽力した大村益次郎は、明治二年の9月4日に京都で反抗分子に襲撃され、創設間もないこの病院に運ばれて、右大腿部切断という大手術を受けますが、周囲の看病空しく、11月2日に帰らぬ人となりました。

病院の東南角には、偉大な軍略家・大村益次郎が、ここで亡くなった事を記す記念碑が建てられています。
なにわのみやあと
13 難波宮跡
(自由)
 
難波宮跡 大化の改新のあと明日香からここに都が遷された前期・難波宮と、聖武天皇の時代の天然痘流行で混乱した時代の後期・難波宮が混在します。
難波宮跡
前期・難波宮は、掘立柱の瓦葺ではない建物ではありますが、中国を手本にしたお本格的な都の造営としては、あの藤原宮より古く、歴史的価値のある物です。  (関連記事:大化の改新から壬申の乱までへGO→)
大阪歴史博物館にて復元 されたそれぞれの難波宮
後期難波宮・復元模型 前期難波宮・復元模型
                   在りし日の姿を思い浮かべながらの散策もGOOD!
  じょうちゅうしょうぼう
まいこつふん
14 城中焼亡
    埋骨墳
慶応四年(明治元年・1868年)1月3日に始まった鳥羽伏見の戦い・・・その時、ここ、大坂城にいた第15代将軍・徳川慶喜は、官軍の攻撃に、幕府軍が総崩れとなった事を聞き、1月6日の夜、わずかの側近だけを連れて船で大坂城を脱出します。

この行為は、多くの将兵を見捨てての大将の敵前逃亡とも、大坂を火の海から救った戦争回避とも言われ、現在でも賛否両論渦巻いているぼですが、その時、残された多くの兵は、未だ士気高く、城を枕に討死する覚悟でいたのです。
城中焼亡埋骨墳
しかし、もはや将軍がいなくなった城は、明け渡すほかないのですが、それをヨシとしない多くの者たちは、城に火を放って自刃したのです。

その後、官軍の物となった大坂城のこの場所に、官軍の主力である薩摩・長州の兵たちが、「敵ながらあっぱれ」と、彼らの遺骨をここに埋葬したのです・・・大阪城は、幕末の歴史の舞台にもなった所なのだと、しみじみ感じさせてくれます。
いっしょに・・・
巡りたい!
時間があれば寄り道したい!
大阪城から北へ…
大塩平八郎の足跡
大阪天満宮
大阪天満宮
洗心洞跡
洗心洞跡
大阪城から西へ…
北浜〜中之島周辺

近代のレトロ建築
レトロ建築
適塾
適塾
大阪城から南へ…
上町台地〜四天王寺

天王寺七坂
天王寺七坂
四天王寺
四天王寺
マニアック大阪城
太閤下水とヒミツの大阪城

旧化学分析場
旧化学分析場
豊臣時代の石垣
豊臣時代の
石垣
 
もっと 
 
より道・・・
B 本多忠朝・物見のイチョウ〜白山神社
本多忠朝・物見のいちょう(白山神社・大銀杏) 大阪城の東側の白山神社には、大阪市の天然記念物に指定されている大いちょうがあります。

幼い頃、母が「昔、合戦の時、この木に昇って敵の様子見ててんで〜」と言ってましたが、あんまり信用してませんでした。

でも本当だったんですね。

先日、大阪城・天守閣の特別展『真田幸村と大坂の陣』の図録に、ちゃんと本多忠朝(ただとも)物見のいちょうとして紹介されていました。

大坂冬の陣の時、本多忠朝はこの白山神社に陣を置きました。

そして、このいちょうに昇って豊臣方の様子を探っていたんだそうです。

たしかに、冬の陣は11月から12月にかけて・・・旧暦なら、まさに一番寒い頃ですから、その頃には、この黄金に輝く葉っぱもすべて落ちますし、このあたりは平野川べりの見晴らしの良い湿地帯でしたから、大阪城を見やすかったでしょうね。

少し北へ行った所にある鴫野(しぎの)小学校は、冬の陣最大の激戦『鴫野の戦い』の戦場となった場所です。

大坂冬の陣に関しては、
ブログ:今日は何の日大坂冬の陣・野田福島の合戦へGo
くわしい行きかた
環状線・森之宮駅から中央大通りを東へ、平野川にかかる城東大橋の手前・天理教教会の角を左(北)へ、突き当たりを右(東)に曲がるとすぐに日吉橋。
橋をわたってすぐに左(北)へ行くと公園があります。

公園の所も突き当たりになったいるので、左斜め(北西)へ行くと道が自然に右(北)向きに、すると右側にいちょうの木と鳥居が見えます(
印)。
帰りはもと来た道を戻るか、そのまま行って一つ目の角を左(西)に曲がって、衛門橋を渡ると、突き当たりにマンション。

そこを右(北)に曲がり、大川と平野川の合流する場所にかかる橋を越え、すぐに左(ここを右に行けば鴫野小学校)。

広い道に出たら右(北)へ、まっすぐ行くと、もっと広い道。
そこを左に曲がるとビジネスパークから、京橋・大阪城へ行けます。
ものすご〜くマイナーな場所。はたして、たどり着けるかな?
白山神社の地図
休憩タイム・・・大阪城の歴史
  京都・大谷にあった本願寺が延暦寺の弾圧によって焼かれた本願寺八世・蓮如は、文明十一年(1479年)、京都・山科に山科本願寺を復興します。

その後、明応五年(1496年)に摂津・石山に、蓮如が山科本願寺の別院として
大坂御坊を建立・・・蓮如の隠居坊だった御坊は徐々に拡大し、周りには寺町が形勢されていきます。

この頃から、このあたりは大坂と呼ばれるようになりますが、やがて、天文元年(1532年)戦国の戦乱で山科本願寺が消失、逃れた本願寺十世・証如らが、ここ大坂御坊を
石山本願寺と改め、本願寺の拠点としました。

やがて、ことごとく対立する織田信長との間で十年の及ぶ合戦(石山合戦)の末破れ、本願寺を明け渡します。

交通の要所であり、水運に恵まれたこの場所に、信長は城を築きたかったという話もありますが、ご存知のようにその夢が達成される事なく、本能寺にて自刃します。

やがて、次に天下を取った豊臣秀吉によって、石山本願寺の跡地に
大坂城が築かれるのです。

しかし、秀吉の後を継いだ秀頼になって、大坂冬の陣・夏の陣の二度の徳川家康の攻撃によって豊臣家は滅亡し、大坂城は家康の物になります。

天下を取った家康はまもなく病死しますが、2代将軍・秀忠と3代将軍・家光の親子2代によって、豊臣時代の石垣に土を盛り、すっぽりと覆って、まったく新しい、壮大な
徳川時代の大坂城が建設されました。

しかし、5層6階の豪華絢爛な天守閣は、度重なる落雷で消失し、結局再建されないまま明治維新を迎えます。

明治になって、
陸軍・第四師団司令部が置かれ、軍の管理下にあった大阪城跡は、一般市民が立ち入る事は禁止されていましたが、ずっと大阪市民は大阪のシンボルである大阪城天守閣を再建したいと願っていたのです。

そこで、大阪市民のとった行動は・・・、
「新司令部庁舎の建築費と移転費、周辺整備を含めた天守閣の建設費のすべてを、大阪市民の寄付でまかなう」という物でした。

そこに大阪博覧会を見物来た後藤新平の後押しが加わり、さすがの軍部も移転を決意…昭和六年(1931年)、266年ぶりに大阪の空に天守閣がそびえ建つ事になったのです。

その外観は、大阪の基礎を築いた太閤さんの天守閣を再現したいという大阪市民の希望により、黒田家に伝わる
『大阪夏の陣屏風』に描かれている豊臣時代の大坂城の絵を参考にして再建されました。

それが、現在の大阪城・天守閣です。

観光にこられた方が、
「大阪城は城じゃなく、城の形をした博物館=ビルだ」「復元するなら、中までちゃんと復元すればいいのに・・」とおっしゃる事があるのですが、上記の通り、外観しかわからない状況で再建されているのです・・・それでも太閤さんの大阪城を再建したかった大阪市民の心を汲んでやってください。

徳川が築いた壮大な石垣の上に、昭和の大阪市民が建てた豊臣の天守閣・・・現在の大阪城は、それぞれの時代の思いを込めたコラボ作品なのです。

徳川時代には、何度も落雷し、「秀吉の祟り」とも囁かれましたが、市民の手で再建された昭和の大阪城は、あの太平洋戦争の戦火の中、近くに軍需工場があるのにも関わらず、一発の砲弾も落ちる事はありませんでした。
(石垣には落ちてます・・・上記
BD参照)

きっと、明神さん(秀吉)も、権現さん(家康)も、大阪市民の心意気を、見守ってくれてはるんでしょうな

関連昔話:大阪城のトラ
 
花暦&歳時記
                       

梅林

大阪城公園
紅葉
大阪城公園
銀杏
白山神社
中旬
拝観延長
天守閣
下旬
植木市
大阪城公園
中旬
菊花展
天守閣前
上旬
櫓の公開
大阪城
大阪全域の   花暦はコチラ   歳時記はコチラ
 
地図へ戻る  
 
地図へ戻る
太閤園内の老舗料亭
料亭 淀川邸
 地図へ戻る
 
 地図へ戻る
 
地図へ戻る  
大阪のホテル旅館
満足度ランキング
情報がお役にたちましたらWeb拍手で応援してください
更新の励みになりますm(_ _)m→
 
 
お探しの情報が見つからない時は↓
サイト内検索
カスタム検索
 
 

このページの先頭へ戻る