京阪奈ぶらり歴史散歩
トップページへ 京都・歴史散歩 大阪・歴史散歩 奈良・歴史散歩
     
   
     
 秘仏公開と花だよりを追って佐保・佐紀路を行く
 
東大寺・転害門から秋篠寺へ…佐保・佐紀路を行く
東大寺の西の門・転害門から西へのびる道が、平城京の南一条大路…法華寺までを佐保路と呼び、その先は左紀路となって西へのびています。
絢爛な大伽藍静というよりは、静かなたたずまいに、ひっそりと季節の花に彩られたの奥ゆかしいお寺が魅力のぶらり散歩です
奈良歴史散歩:佐保・佐紀路周辺地図
古墳群を巡らない場合は、
の海龍王寺の北側の信号を左(西)に曲がって直接、平城宮跡へ=ブルーの点線のルートです
市内循環バス・県庁東
  06分
1 転害門
  07分
A 光明皇后佐保山東陵
  13分
2 興福院
  10分
3 狭岡神社
  10分
4 不退寺
  15分
5 法華寺
  03分
6 海竜王寺
  07分
7 佐紀盾列古墳群B~E
  05分
8 平城宮跡
  08分
7 佐紀盾列古墳群F~I
  10分
9 秋篠寺
  08分
近鉄:平城駅
 
移動時間:約2時間
地図を別窓で開く・印刷する
てがいもん
転害門
転害門
東大寺の西端にある転害門は、創建以来の天平式・八脚門…戦火にさらされた生々しい痕跡が残ります。
さぁ、この門の正面の見落としてしまいそうな道から佐保路の始まり…転害門までの道のりは、東大寺・春日野のページを参照
光明皇后陵
法蓮町付近
佐保川を渡る 光明皇后陵
振り返れば正面に転害門が見える法蓮町あたりは、昔ながらの民家が点在する雰囲気の良い道…佐保川を渡れば、まもなく光明皇后の御陵があります。
こんぶいん
興福院
(拝観:300円)
要予約
9時~11時
興福院
もともとは現在の近鉄尼ヶ辻駅近くにあった物を近世になってこの地に移されたとされる興福院は、天平勝宝年間(749~ 757年)に和気清麻呂聖武天皇の学問所を移して創建し、弘文院と称したのが始まりとされますが、他にも藤原百川や藤原広嗣の妻の創建など諸説あります。

とにかく、一度衰退した興福院でしたが、豊臣秀長徳川家光によって復興され、小堀遠州の手がけた庭を持つ現在は、奈良で最も美しい尼寺と言われます。

7~8月・12~2月の拝観は不可で、それ以外でも9時~11時に限られ、しかも要予約…と、なかなかの難関ですね。   0742-22-2890
休憩タイム・・・垂仁天皇と沙本毘売
古事記によれば…
その昔、ここ佐保一帯を治める王・沙本毘古(サホビコ)の妹・沙本毘売(狭穂媛・サホビメ)は、第10代・垂仁天皇の皇后でした。

ある時、兄が妹にたずねます。
「お前は、夫と兄とどっちが好きだ?」
「もちろんお兄様です」
と答えるサホビメに、サホビコは短剣を手渡しながら、「ならば、天皇が寝ているすきに、これで刺し殺せ!」と言います。

そして、その日も、サホビメの膝枕でうつらうつらと昼寝をする天皇…サホビメはにわかに短剣を取り出し、その胸を刺そうとしますが、天皇の寝顔を見ると、どうしても刺す事ができず、目から涙が溢れ、下で眠る天皇の頬にポタリ…

すると天皇は目をさまし、
「今、沙本(さほ)の方から降って来た雨に濡れて、蛇に首を絞められる夢を見たよ」と言います。

その言葉に天皇がすべてを知っていると悟ったサホビメはすべてを告白…それを聞いた天皇は、早速サホビコの征伐へと向かいます。

しかし、やはり兄の事が心配なサホビメは、こっそり宮廷を抜け出して兄のもとへ…しかも、その時妊娠中だったサホビメは、まもなく、その兄のもとで男の子を出産します。

天皇は天皇で、愛する妻と生まれたばかりの息子がいると思うと、なかなかサホビコの屋敷を攻める事ができません。

しかし、ついに天皇は決意して、総攻撃を仕掛け、サホビコを討ちとり、妻と子を救いだそうとしますが、兄の死を知ったサホビメは、赤ん坊を天皇に届けるよう使い者に託し、自らは燃え盛る屋敷の炎の中に身を投じました。
さおか
狭岡神社
(境内自由)
狭岡神社 興福院から「歴史の道」という案内板に従って不退寺へと向かう途中にあるのが狭岡神社
狭岡神社の鏡池
サホビメがその美しい姿を写したと言われる鏡池(姿見池)が残ります。
ビューポイント
奈良市を一望のビューポイント 狭岡神社から不退寺へ向かう途中の木々の切れ間に、このページの冒頭のビューポイントがあり、遠く大仏殿や興福寺五重塔も見えます。
佐保路より望む東大寺大仏殿 佐保路より望む興福寺五重塔
ふたいじ
不退寺
(拝観:500円)
奈良の地をこよなく愛した平城天皇が、この地に萱の御所(萱葺きの御殿)を建てて住まい、後に、天皇の孫にあたる在原業平が、その住居を寺院に起こしたのが始まりとされる不退寺は、境内に500種以上の植物が植えら
不退寺 れ四季折々の美しさを感じられます。
中でも、平安京一のプレイボーイと噂された「伊勢物語」の主人公・業平が恋愛成就を願ったと言われる業平椿や、息を呑むほどに咲き見られるレンギョウが有名です。 不退寺の多宝塔

春の特別公開
2016年3月1日~5月31日まで、業平像や伊勢物語を公開!
ほっけじ
法華寺
拝観=
本堂:500円
庭園:300円
共通券:700円
(共通券は特別公開により変動)
もともとは藤原不比等の邸宅だった場所を、天平十三年(641年)に、不比等の娘であり、聖武天皇の后であった光明皇后の発願によって建てられたのが法華寺…

東大寺が全国の国分寺のおおもととなる総国分寺なら、こちらは総国分尼寺…法華滅罪(ほうかめつざい)の寺と呼ばれ、今もなお女人道場としての伝統を守り継いでおられます。

「平家物語」の悲恋で知られる横笛が尼となって住んだお寺で、彼女が恋文で造った自らの像も有名です。
法華寺・本堂
法華寺ご本尊である十一面観音様は、光明皇后のお姿を写したと言われる美人の誉れ高い仏像で、明治までは秘仏でしたが、現在では特別公開時に拝見できます。
右表の通り、ご本尊や庭園の公開時、3月の雛人形展の時期には、共通拝観料が異なります。
年間予定 本堂 本尊 花楽園 庭園 慈光殿 人形展 共通券
3月1日~20日頃 1000円
3月20日~3月31日 800円
4月1日~7日 1000円
4月8日~6月4日 800円
6月5日~6月9日 1000円
6月10日~9月30日 700円
10月1日~21日 800円
10月22~11月10日 1300円
11月11日~30日 800円
12月1~翌2月28日 700円
慈光殿(秋季のみ)
法華寺・慈光殿
名勝庭園(拝観:300円)
法華寺・名勝庭園
法華寺・名勝庭園の水仙
名勝庭園は奈良では珍しい回遊式…四季折々の花に癒されます。
慈光院は宝物の収蔵庫…国宝の阿弥陀三尊など、秋のみの公開です。
浴室(からふろ・内部は非公開)
法華寺・浴室(からふろ)
現在の建物は、比較的新しい江戸期の物ですが、建物が…というよりは民俗文化財として価値のある蒸し風呂
光明皇后の伝説

仏教の慈愛の精神から、貧困者や孤児などを収容する福祉施設悲田院ひでんいん)や貧困な病人に薬を与える施設施薬院など、数々の福祉施設を設立した光明皇后…

ある時、法華寺の境内に建てた「浴室」で、千人の病人の垢を落とすと誓いを立て、自らが患者ひとりひとりの垢を洗い流していたところ、千人目に現れた病人は、膿にまみれた重病の患者でした。

誰もが近づくのさえためらうその人のそばへ行き、皇后が患部から膿を吸い出したところ、患者はみるみる
阿閦(あしゅく)如来のお姿に変ったのだとか…

かいりゅうおうじ
海龍王寺
(拝観:400円)
8月12~17日
12月24~31日は
行事のため閉門
海龍王寺・本堂 溢れんばかりのユキヤナギで有名な海龍王寺は、かつて奈良に都があった時、宮殿の最も近い中心地でした。

飛鳥時代に建てられた寺院を天平3年(731年)に光明皇后が海龍王寺と改めました。

その後、遣唐使として海を渡り帰国した玄昉が初代の住職になった事から、遣唐使の航海の安全を祈願するお寺として発展しました。
現在でも、海外旅行や留学の安全祈願の訪れる人も海龍王寺ですが、そのご本尊は光明皇后が自ら刻んだとされる十一面観音像…見事なプロポーションの重要文化財は秘仏なので、特別公開を要チェック!

また、創建当時からこの寺に存在したという五重の小塔は、建築様式の発展をたどる事のできる貴重な
史料です。
2016年(平成28年)春の十一面観音公開は3月23日~4月7日
海竜王寺のユキヤナギ
さきたたなみ
佐紀盾列
古墳群
   
古墳群での
移動時間の目安

   ウワナベ古墳
↓ 1分
コナベ古墳
↓ 2分
平城天皇陵
↓ 2分
平城宮跡
↓ 8分
称徳天皇陵
↓ 隣り
垂仁天皇陵
↓ 隣り
成務天皇陵
↓ 15分
神功皇后陵
神宮皇后狭城盾列池上陵
成務天皇狭城盾列池陵
垂仁天皇皇后日葉酢媛命狭木之間陵
小奈辺陵墓参考地
称徳(孝謙)天皇陵
宇和奈辺陵墓参考地
平城天皇陵
古墳群を巡らない場合は、海龍王寺の拝観後、北側の信号を左(西)に曲がって、直接「平城宮跡」へ…
平城宮跡を見学した後は、大和西大寺駅を経て秋篠寺へ…少し遠いのでバス利用が良いかも…
へいじょうきゅう
平城宮跡
 
平城宮資料館
遺構展示館
東院庭園

以上の入館は
すべて無料
(月曜:休)
大極殿より、朱雀門を望む
上記の写真を見ての通り、平城宮跡は広い広い公園のようになっていて、その中に資料館や展示館と言った学びの建物と、大極殿や朱雀門や東院庭園など、当時の様子に復元された施設が点在します。
宮内省(復元礎石) 第二大極殿(基壇)
もともと、近代になって発掘されるまでは田んぼや畑になってしまっていた場所ですから、復元の中には、柱の礎石だけの物や基壇(土台部分)だけの物もあり、在りし日の姿を思い浮かべるには、なかなかの想像力がいりますが、現地に立ってこそ感じる何かもある場所です。
平城宮跡の地図
平城京・地図
あと、見学の前に一つ押さえておきたいのは、ここを訪れた方が、よく「平城京って広かったんだね~」と、ここを都の跡だと勘違いされてしまう事…
ここは、平城京跡ではなく、平城宮跡…天皇の住まいや官庁などの宮殿が建っていた場所で、平城京=都はもっと広かったんです。

左図の通り、宮殿は都の北の端にありますから、北側はそんなにないものの、西は西大寺、東は東大寺、南は現在の大和郡山市…この大和郡山で、南の端に当たる羅城門の跡が見つかっています。

なので、現在、西の京と呼ばれている薬師寺や唐招提寺は、当時は、都の中心に当たる場所にあったという事になります…広すぎる
平城宮資料館
奈良文化財研究所の発掘調査をもとに、在りし日の平城京の様子をわかりやすく紹介してくれます
平城宮資料館 出土した瓦や土器の展示や模型ジオラマも…
出土した瓦 宮殿のジオラマ
遺構展示館
遺構展示館・内部 発掘された遺構を、そのまま見る事ができる施設です。

ボランティアガイドさんが常駐されていて、くわしい説明をしてくださいます。

大極殿の模型展示もあり、大変勉強になります。
遺構展示館・内部
平城京歴史館
平城京歴史館(現在閉鎖中)
正面に原寸大に復元された遣唐使船を展示する平城京歴史館は、2010年に開催された「平城遷都1300年祭」のために造られた施設…

大陸との交流に力を注いだ遣唐使についての展示を中心に、特別展なども行われます。
平城京はなぜ、ここに?
永遠の都を願って造営された藤原京を、わずか十数年で遷都する事になるのは、その広さにありました。

藤原京は、耳成山(みみなしやま)・畝傍山(うねびやま)・香久山(かぐやま)の大和三山に囲まれた場所にあり、平地の面積が少ない。

律令体制を整え、より強固な中央集権を実現する国家となると、それに比例して都の人口も増えていくものですが、藤原京は、それ以上広くする事ができない場所にあり、人口の増加に対応しきれない状況にあったのです。

その点、奈良盆地は、面積が広く、広大な都を構えるには絶好でした。
もちろん、広さだけではなく、地相という物も考慮されています。

元明天皇の詔の中には
「それ平城の地は四禽図(きんと)に叶ひ三山鎮をなす」という言葉があります。

「四禽図に叶い」というのは、平安京にも適用された風水の陰陽思想の『四神相応の地』の定義に叶っているという意味で、東に川=青竜、西に道=白虎、南に池=朱雀、北に山=玄武の四方に住む神獣よって守られる土地という事です。

「三山鎮をなす」というのは、東の春日山、北の奈良山、西の生駒山(または西の京あたりの丘)の三つの山が、悪を鎮めてくれるという事です。

さらに、都造営のための木材の確保という問題もありました。
十数年前に藤原京を造営した事で、付近の良質の木材は底をつき、当時はすでに、新たな寺院の建築などは、遠く近江(滋賀県)から木材を調達している状態でした。

琵琶湖の南から宇治川、木津川を経て運ばれてきた木材は、藤原京だと陸揚げしてからの距離が非常に長く不便でしたが、奈良盆地なら、その悩みも解決できます。

広くて、土地柄が良く、資材の運搬に便利・・・しかし、何よりこの遷都を推し進めたのは、時の実力者・藤原不比等で、そこには、藤原一族の大きな思惑も秘められていたのです。

これまで皇族中心で行われていた政治が、藤原不比等の娘・宮子の産んだ首皇子(おびとおうじ)が即位して聖武天皇となり、政治の中心は臣下の藤原氏へと移ったのです。

飛鳥(明日香)の地に根をはった古い豪族たちを排除し、新たな場所で新しい政治を・・・それが、不比等の一番の狙いだったのではなかったでしょうか。

天皇を中心に据えながらも、臣下である貴族・豪族が強い発言権を持つ『貴族政治』。

この先、何百年も続く、この政治体制が、今、この瞬間に生まれました。
第一次大極殿
第一次大極殿(復元) 2011年に開催された「平城j京遷都1300年祭」の時に復元されました。

朱雀門の真北に位置し、正面44m、側面20m、高さ27mの堂々とした建物は、平城京当時、天皇の即位式や外国使節との面会など、最も重要な儀式の場となりました。

1300年のイベント時は中に入れましたが、しばらくは外観のみのお楽しみのようです。
朱雀門(朱雀門広場)
1998年に復元が完了した朱雀門(すざくもん)は、平城宮の正門で、宮殿の南の端に位置します。
朱雀門と朱雀門広場
現在、朱雀門広場と呼ばれるその前の道は、当時、幅が74mもあったと言われる平城京のメインストリート朱雀大路…この前では外国使節の送迎を行ったり、大勢が集まっての歌垣が行われたりとイベント広場としても利用されたとか。

お正月には天皇がこの門まで出向き、新年の祝賀パーティも行われました。
右写真は、この朱雀門から大極殿を望んだところ…都にやってきた使節が最初に見た光景なんでしょうね。
朱雀門から第一次大極殿を望む
東院庭園
東院庭園の萩 平城宮は、他の古代都城の宮殿にはない東の張り出しを持っています。

その場所は、皇太子の住まいとされていて、現在でもそう呼ばれるように「東宮」あるいは「東院」と呼ばれ、その南東端にあった庭園を遺構に基づいて、忠実に復元したのが、この庭園です。

建物や池だけでなく、そこに植えられている植物も、その場から出土した種子をもとに再現されています。
曲水の宴の行われた小川
曲水の宴も行われていたようです
築山石組
手前の石は浄土を表しているのだとか
隅楼の屋根
屋根の鳳凰も遺跡の
出土品から忠実に再現
中央建物へ続く平橋、右奥には反橋
この優雅な雰囲気は、しばし平城京にタイムスリップです 
あきしのでら
秋篠寺
(拝観:500円)
秋篠寺・本堂 雑木林に囲まれた秋篠の里にある秋篠寺は、宝亀七年(776年)に光仁天皇の勅願により、薬師如来を本尊とする寺として造営されたのが始まりとされます。

腰ひねったしなやかな立ち姿が「東洋のミューズ」と呼ばれる伎芸天像と、それを納める国宝の本堂で有名です。

秘仏の大元師明王立像は、6月6日…年に1度だけ公開されます。
建立を発案した光仁天皇とは、第49代の天皇で、平安京に遷都するあの桓武天皇のお父さん…

つまり奈良の都・最後の天皇となった人で、奈良に建てられた官寺も、この秋篠寺が最後という事になります。
大元堂とモクレン 秋篠寺のモクレン
モクレンの名所として知られる秋篠寺…一度は春に訪れたいですね。
足をのばして いっしょに巡りたい!
大和西大寺駅から南へ向かう
「西の京」コース

薬師寺
薬師寺
唐招提寺
唐招提寺
転害門から東大寺・興福寺へ…
「奈良の定番」コース

奈良の大仏
大仏
興福寺
興福寺
転害門から正倉院・般若寺へ…
「奈良坂」コース

正倉院
正倉院
般若寺
般若寺
ちょっとウラ話・・・万葉集に残る奈良の都の恋物語

奈良の都に咲いた中臣宅守(なかとみのやかもり)と狭野茅上娘子(さののちがみのおとめ)の恋・・・
万葉集・巻十五にはこうあります。

『中臣朝臣宅守、蔵部の女嬬(じょじゅ)狭野茅上娘子を娶(めと)りし時勅して流罪に断じ、越前国に配(なが)す、ここに夫婦別れ易く会いひ難きを相嘆きて、各々働(いた)む情(こころ)を陳(の)べて贈答する歌六十三首』

つまり・・・
「中臣宅守という人が、宮廷で女嬬をしていた狭野茅上娘子と恋に落ちて流罪となり、越前(福井県)に流された時、別れを悲しんで詠んだ63首の歌をここに収めます」 という事です。

歴史上、二人の事に関して書かれた事は、上記の文章と歌・・・そして、
「 中臣宅守が、代々神を司る神官の家系の中臣東人(なかとみのあずまひと)という人物の七男で、晩年に従五位下に任ぜられた」という事だけ・・・

しかし、確かに二人は、奈良の都で禁断の恋に落ち、そして引き裂かれ、その愛しい思いを31文字の歌に託しました・・・いきいきと・・・そして美しく・・・
万葉集・狭野茅上娘子の歌 彼が越前へ旅立つ朝・・・彼女は、奈良の都のはずれまで見送りに行ったに違いありません。

そこで、彼女は歌います

  
♪君が行く
      道の長手を 繰りたたね
    焼き滅ぼさむ 
        天(あめ)の火もがも♪


「あなたが行く長い道を、くるくると折りたたんでたぐりり寄せて、焼き尽くしてしまう天(神様)の火があればいいのに・・・」


慟哭にも似た彼女の叫びが聞こえてきそうな一首・・・
  ♪他国(ひとくに)は 住み悪しとぞいふ 速(すむや)けく  早帰りませ 恋ひ死なぬ間に♪
  
「他国は住みにくいと言うから、早く帰ってきてね、私がこがれ死にしない間に・・・」

そして・・・
  ♪わが背子が 帰り来まさむ 時のため  命残さむ 忘れたまうな♪

もう、解釈はいりませんよね。 文章そのまま・・・彼女は
彼が帰る日の事だけを思い、生きています

この歌を最後に、二人の恋は歴史の彼方へと消え去ります。
この後、彼と彼女がどうなったのかは『万葉集』は語ってはくれません。
 
花暦&歳時記
                       
椿
不退寺


法華寺
モクレン
秋篠寺
レンギョウ
不退寺

平城宮跡

ユキヤナギ
海龍王寺
カキツバタ
法華寺
紅葉
不退寺
節分
星祭

不退寺
1日~
ひな会式

法華寺
28日
業平忌

不退寺
6日
特別開扉

秋篠寺
17日
蓮華会式

法華寺
奈良全域の   花暦はコチラ   歳時記はコチラ
 
地図へ戻る   
 
地図へ戻る   
奈良のホテル旅館
満足度ランキング
 
情報がお役にたちましたらWeb拍手で応援してください
更新の励みになりますm(_ _)m→
 
 
お探しの情報が見つからない時は↓
サイト内検索
カスタム検索
 
 

このページの先頭へ戻る