京阪奈ぶらり歴史散歩
トップページへ 京都・歴史散歩 大阪・歴史散歩 奈良・歴史散歩 飛鳥時代の先頭へ戻る


大化の改新から壬申の乱まで
 年表よりもっとくわしく 

蘇我入鹿暗殺事件
の一部始終




飛鳥板蓋宮
飛鳥板蓋宮跡
前のページへ戻る
法興寺(飛鳥寺)のけまりの会で、中大兄皇子がまりを蹴った瞬間、沓(くつ)が脱げてとん行きました。

ケンケンしながら沓を拾いに行く皇子、すかさずササ〜っと拾い上げ、ひざまずきながら沓を差し出した男。

彼が中臣鎌子(鎌足)でありました。→ドラマやとここでシャがかかりスポットライトが当たる

鎌子はずっと以前から、権勢をふるう蘇我氏を何とかして、中臣家を盛り上げたいと思っていました。

天皇をもしのぐ権力を握った蘇我氏に対して、天皇の息子である中大兄皇子もきっと同じように思って協力してくれるだろうと、近づく機会を狙っていたんです。

意気投合した二人は南淵請安のもとへ通い、策をねります。
この時二人が談合した場所が多武峯、そのことから神社の名前も談山神社なりました。

そしてまず、蘇我氏一族の中の倉山田石川麻呂を見方に引き入れるために、娘の造媛と姪媛を妃に迎えます。

いずれ天皇になるであろう中大兄皇子の妻になることは、蝦夷や入鹿を出し抜いて蘇我氏の筆頭になれるチャンスですから、石川麻呂も快く承知したようです。

さて、いよいよ入鹿暗殺の準備をはじめます。

中大兄皇子が入鹿に「三韓(みつのからくに)からの貢物が届いた。6月12日に皇極天皇がお受け取りの儀式にお出ましになるので大極殿に来るように」と誘いをかけます。

やってきた入鹿は、古人大兄皇子をしたがえていました。

入鹿が疑い深い男で昼も夜も剣を手放すことはないと、知っていた鎌子は、宮廷のピエロを言い含めて面白い芸をさせて笑わせておいてうまく剣を預けるようにさせました。

宮中にはいって、入鹿が席につきます。

蘇我倉山田石川麻呂が進み出て、三韓の外交文書を読み上げます。

その間に中大兄皇子は警備兵に命じて宮廷の12の門をすべて閉めさせて、誰も出入りできないようにして、自ら槍をとって宮殿の脇に身を潜めました。中臣鎌子たちは、弓矢を持って皇子の援護にまわります。

佐伯連子麻呂(さえきのむらじこまろ)と稚犬養連網田(いぬかいのむらじあみた)に剣を持たせて「できるだけ迅速に切り捨てろ」と命令していましたが、あまりの恐ろしさにふたりは、吐き気をもよおしふるえがとまらず斬りかかるどころではありません。

やがて石川麻呂は文書を読み終わりそうになりますが、それでも子麻呂たちが、事をおこさないので、汗びっしょりになり、声や手が奮えだしました。

不審にに思った入鹿が石川麻呂に「なぜそんなに奮えているのか?」と聞き出します。
もう待てない!っと思った中大兄皇子は、「それっ!」と声をかけ斬りかかりました。
入鹿は血まみれのまま息絶えました。

まわりの重臣たちにうながされ、とりあえずその場から逃げる中大兄皇子と中臣鎌子たち


かつて談合をかさねた多武峯までひたすら走るけれど、空は一転にわかに掻き曇り、雷鳴が轟く。

こわごわ振り返ると真っ黒の雲が皇子たちを追いかけて来る。その雲がたった今斬りおとした入鹿の首に見え、またまた猛ダッシュで走り出す。

息も絶え絶えになった二人はうっそうとした森をみつけ一時身をひそめます。「ここまで来たら、なんぼなんでも、もう来んやろ」と言ったことで、このあたりの森は今でも『茂古の森』=もうこの森(もうこんの森)と呼ばれています。

板蓋宮・飛鳥寺の場所は『歴史散歩・明日香を歩く』のページへGo
ブログ:6月12日無事故の世造り大化の改新では、別の観点から大化の改新を分析
大化の改新の
(みことのり)
とは?

前のページへ戻る
その1:
豪族の持っていた私有民や私有地を廃止,、国家のものとする。その代わり役人には位に応じて土地収集権を与える。
その2: 都の行政の制度を整え、地方の交通・軍事を整える。
その3: 初めて戸籍・計帳(調庸を徴収するための台帳)を作り、班田収受法を定める。
その4: 今までの税制を廃止して、田に課税する、調を徴収する。
日本初の本格的
海外出兵


白村江

(はくすきのえ)
の戦い

 前のページへ戻る
それまで、朝鮮半島では、新羅・高句麗・百済の3つの国がお互いにしのぎをけずっていましたが、659年に新羅が高句麗と百済に20余りの城を奪われた事がきっかけで新羅は唐に泣きつき、(唐+新羅)VS(高句麗+百済)の戦いの構図になっていきました

新羅に唐と組まれては完全なる挟み撃ちの形になり、百済はあっさり滅亡してしまいます。

そして百済から、沢山の亡命者がやってきて朝廷に、日本にいる百済王子・豊璋を担いで百済再興への助けを求めました。

議論の末、唐と新羅を敵にまわして戦う事を決意した朝廷は660年の正月に斉明天皇自ら軍船に乗り攻撃の拠点となる九州へ出発しました。

しかし、半年後に斉明天皇が亡くなり、中大兄皇子が皇太子の立場のまま、軍の様子を見守ることになります。

まずは阿部比羅夫が豊璋とともに朝鮮半島へ向かい、現地の百済の生き残りと合流。

百済再興軍として、唐の水軍とあいまみえる白村江へ突入しますが、ものの見事に敗退


百済は完全に滅亡し、日本にとっても朝鮮半島との交易の扉がシャットアウトされる事になりました。

この後
九州に防人を配し、各地に朝鮮式の山城を築くなど、本土決戦の準備に入っていきます。
朝鮮半島の様子
白村江の戦い

百済から亡命者たちの氏寺・百済寺跡と氏神・百済王神社のある『歴史散歩・交野ヶ原』へGo
しかし、結局668年の10月に高句麗が滅亡し、本土決戦はありませんでした
よろしければ、『ブログ:今日は何の日?8月27日白村江の戦い』もお楽しみください
これが水時計だ!
【漏刻】
前のページへ戻る
『日本書紀』天智十年(671年)の四月二十五日の項に、「漏刻(洩剋)を新しき台(うてな)に置く、始めて候時(とき)を打つ、鐘鼓(かねつづみ)を動(とどろ)かす、始めて漏刻を用いる」と書かれてあります。

この漏刻(ろうこく)というのが、いわゆる水時計みたいなシステムの事です。さらに、この天智十年4月25日という日づけを、太陽暦に換算すると671年6月10日になるという事で、現在、6月10日が『時の記念日』という記念日に制定されています。
とは言え、『日本書紀』の記述を引用して、大正九年(1920年)に「時の記念日」という記念日が制定されたものの、当時は、それが、天智天皇が皇太子=中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)時代の斉明六年(660年)に水時計によって時間を計り、時間に合わせて鐘を打つシステムを造り、この天智十年(671年)4月25日に、初めて実際に使用して時を知らせたという事がわかっているだけで、その漏刻なる物が、実際にはどんな物であったのかは、ずっと謎だったわけです。 飛鳥水落遺跡
そんな長年の謎が解けるのは、昭和五十一年(1976年)・・・奈良県明日香村のとある発掘現場で、それが発見されたのです。現在、それは水落(みずおち)遺跡呼ばれ、ほぼ調査は完了し、丁寧に保存されています。

ここで見つかったのは、綿密かつ堅固に建てられた水時計用の建物と、その中央に黒漆塗りの木製水槽を使った水時計装置。
水落遺跡・外観想像図 また、特殊な基礎工法を使って、建設途中に埋め込まれた木樋によって、水路が縦横無尽に走り、この水時計の建物を中心に、様々な施設があった事も確認されています。 漏刻装置・想像図
水落遺跡の北方100mほどの所には、明治時代に石人像が出土して注目を浴びた石神遺跡という遺跡がありますが、ここも、昭和56年(1981年)から始まった本格的調査によって、通路でもって水落遺跡とつながっていた事が明らかとなっています。

当時の日本は、律令制による中央集権的な国家体制を急速に整えようとしていた真っ最中で、先進国である中国にならって、明確な時刻のもとに秩序ある政治体制を整える事は、国家の一大事業・・・
水神遺跡
まさに、この漏刻システムは、国家の維新をかけたプロジェクトだったわけです。
漏刻装置・想像図 さて、肝心のそのシステムですが…
左図のように、階に水時計の装置を置き、2階に都じゅうに時を知らせる鐘、もしくは太鼓が設置されていたと思われます。

水時計は、階段になった水槽に水を張っていき、上段の水がいっぱいになると溢れ出して下段へ・・・、さらに、その段がいっぱいになると、また下に・・・という物で、最下の段に目盛りのついた人形を浮かべておいて、その人形の目盛りが決まった場所に来たら、鐘をついてみんなに時間を知らせる・・・という感じ
単純作業に見えるけど、けっこう大変・・・ここで働く人は、やっぱエリートなですかね(゚ー゚;このシステムのおかげで、どうやら宮仕えの役人たちは、毎朝、鐘や太鼓の音で起され、時間内に出勤という現代のサラリーマン並みの規則正しい生活を余儀なくされるようになったとか・・・

この時からすでに、人は時間に縛られる生活が始まってたんですね〜。(^o^)

水落遺跡の場所は『歴史散歩・明日香を歩く』のページへGo
日本初の大戦
壬申の乱
瀬田川の戦いの様子
瀬田川の戦いの様子
前のページへ戻る
壬申の乱勃発の原因については、「一気読み年表」や「額田王恋物語」そして「ブログ:今日は何の日?」にもupしているので、このページでは、省略します。
それぞれのページへは
コチラからどうぞ→
一気読み年表 ブログ:6月24日壬申の乱勃発
額田王恋物語 ブログ:7月22日瀬田合戦
近江(大友皇子)側
の動き
大海人皇子側
の動き
671 12 3 天智天皇死去
672 5     近江側で兵を集めているいう噂が流れる。
  6 22 東国・飛鳥古京・筑紫・吉備に兵を要請する使者を出す。 不破の関所を遮断する為に先発隊が出陣。
    24   大海人皇子は吉野から、大津京と大和にいた息子たちもそれぞれ出陣。
    25 東国へ行った使者が不破の関所を越えられず逃げ帰ってくる。 伊勢北部でおち合い、長男・高市皇子はそのまま不破の関所の指揮をとるため東へ。

同時に、東海道・東山道へ使者を出し兵を集める。
      筑紫・吉備の国司は出兵に応じなかった。 尾張の国司が味方に加わる。
      大伴吹負(ふけい)が近江側から大海人側に寝返り、飛鳥古京を制圧。
  7 2   進撃開始。大海人皇子の第1軍は大和へ、高市皇子の第2軍は、不破の関所から近江へ。
    3   大海人王子の第1軍は、一気に大津まで進撃する予定だったが、河内方面から敵の来襲ありとの情報で、この日はとどまる。
    4 北と西の2箇所から大海人側の先陣に進撃。 北からの攻撃は、守りきれたが、西からの攻撃は突破された。
    5   第1軍、先陣に到着し、合流する。
    7   第2軍、息長横川(おきながのよこかわ)で勝利。
    9   第2軍、鳥籠山(とこの山)で勝利。
        第2軍が奮闘の間に、第1軍・大海人皇子は琵琶湖の東岸を南下。第1軍の1部は大海人皇子と別れて、琵琶湖の北側をまわり、西岸を通って南下。
    13 朝廷側の将軍たちが捕らえられる。
    22 第2軍・高市皇子と大友皇子自身の本隊が、瀬田川を挟んで戦闘。
第2軍が瀬田川を越える。
    23 四方を敵に囲まれた大友皇子は自害する。
(ちなみに割腹ではなく首吊りです)

情報がお役にたちましたらWeb拍手で応援してください
更新の励みになりますm(_ _)m→
 
 
お探しの情報が見つからない時は↓
サイト内検索
カスタム検索
 
 

このページの先頭へ戻る