京阪奈ぶらり歴史散歩
トップページへ 京都・歴史散歩 大阪・歴史散歩 奈良・歴史散歩
     
   
     
 古代信仰が残る奥明日香・飛鳥川をさかのぼる
 
奥明日香・飛鳥川をさかのぼって稲淵から柏森へ… 今日の歴史散歩は、ご存知石舞台古墳をスタートして、飛鳥川上流へ向かいます。

ここは、
『上市古道』と呼ばれる飛鳥から芋峠を越えて吉野へ抜ける昔の重要な街道でした。
持統天皇も、松尾芭蕉も、そして岡寺詣での多くの善男善女が通った道です。

いわゆるハイキング用の道ではなく、バスも走る県道ですが、道沿いに流れる飛鳥川のせせらぎを聞きながら、また田園風景を味わいながら、そして杉木立の木漏れ日をあびながらのさわやかなコースです。

稲渕(いなぶち)や、栢森(かやのもり)に伝わる
『綱掛け神事』など、古代信仰がそのままに残る神秘の世界です。
奈良歴史散歩:奥明日香・飛鳥川周辺の地図
明日香周遊(赤かめ)バス:石舞台バス停
  005分
1 石舞台古墳
  005分
2 国営飛鳥歴史公園・祝戸地区
  005分
3 飛鳥稲淵宮跡
  004分
4 マラ石
  006分
5 坂田寺跡
  010分
6 稲渕地区
  003分
7 男綱
  005分
8 飛び石
  004分
9 竜福寺
  003分
10 南淵請安の墓
  012分
11 飛鳥川上坐宇須多伎比売命神社
  010分
12 女綱
  008分
13 西岡邸
  010分
14 龍福寺
  001分
15 加夜奈留美命神社
  008分
16 ゴラ滝
  010分
バス停:栢森から:明日香循環(金かめ)バス
 
移動時間目安:約2時間
地図を別窓で開く・印刷する
旅のポイント
石舞台から栢森までは、見物を含めて3時間ちょっとで到着しましたが、ここから、芋峠を越えて大和上市に出るには、もう3〜4時間かかるとの事で、今回は、吉野へ出るのはあきらめて、バスで石舞台に戻る事にしました。
2015年10月より、しばらくの間、稲淵・栢森方面を通る「飛鳥巡回バス:金かめ」は運休中です。

この先は、上市近くまでバス停も民家もありませんので、制覇したいかたは、充分準備をして挑んでください。
石舞台古墳
(拝観:250円)
 
石舞台古墳まで、歩いて散策する場合は「明日香村散策」のページへ
ただし、かなりの健脚でないと時間的に厳しいかも…
石舞台へは・・・
近鉄・橿原神宮前駅または、飛鳥駅からバスが出ています。(飛鳥巡回バス「赤かめ」)
【明日香村公式ホームページからバス時刻表がダウンロードできます:明日香村公式HPへ
もちろん飛鳥駅から歩いて明日香村を見物しながら・・・も行けますが、そうすると、川をさかのぼる時間がなくなるので・、今回はバス利用しました。

石舞台から先はジュースの自動販売機すらありませんので、石舞台近くの売店で飲み物・食べ物の確保を・・・
まわりには彼岸花が咲き乱れ、春先とはまたちがった光景を見せてくれていました。
石舞台古墳
国営・
飛鳥
歴史公園
祝戸地区
玉藻橋 石舞台を過ぎてまっすぐ行くと、玉藻橋(←)…
渡った正面の丘が「飛鳥歴史公園」で、右へ行くとすぐに飛鳥歴史公園の展望台への階段があります。
渡ってすぐを左に行けば、丘のふもとの集落を越えて直接「飛鳥稲淵宮殿跡」へ向かえます。

橋のそばに万葉歌碑あり
歴史公園周辺地図(クリックすると大きく見れます)
石舞台から歴史公園周辺の詳細地図
クリックで大きくして見てね
国営・飛鳥歴史公園祝戸地区 ここ歴史公園には遊歩道や展望台があり、展望台からは、飛鳥古京や稲渕地区の棚田を見ることができます。
飛鳥歴史公園・展望台
飛鳥
稲淵宮殿跡
ここは、白雉四年(653年)に中大兄皇子(後の天智天皇)が、難波から飛鳥に戻った時期の飛鳥河辺行宮(あすかかわべのかりみや)ではないか?と推定されている場所です。

中庭を中心に4棟の建物跡が確認され、まだ未確認の建物が周囲にあるらしいという事で、今後の新発見に期待したいところ…
飛鳥稲淵宮跡
マラ石
マラ石 もともとは垂直に立っていたと言われる飛鳥の謎の石造物の一つです。

地元では飛鳥川を挟んで対岸にある丘を『フグリ山』と呼んでいて、ふたつで一対をなす『子孫繁栄』『五穀豊穣』を祈る古代信仰の遺物とされています。

垂直も年月が経つと斜めに…人生を感じるなぁ
坂田寺跡
坂田寺跡 坂田寺は、法隆寺の釈迦三尊像や飛鳥寺の飛鳥大仏を造った事で知られる名仏師・鞍作鳥(くらつくりのとり)を輩出した鞍作氏の氏寺で、用明天皇の時代587年に天皇の病気回復を祈願して建立されたというわが国最古の渡来人の氏寺でした。
持統天皇の頃には、大官大寺、川原寺、飛鳥寺、豊浦寺とともに飛鳥五大寺の一つに数えられましたが、現在は、ご覧の通りの石碑だけに…。

秋には、このあたりから一面の彼岸花が咲き、目にもまぶしいくらいです
周辺の彼岸花
いなぶち
稲渕
 
稲淵の棚田
とにかく稲淵地区の棚田は圧巻です!
稲淵の棚田 そこかしこに、名物の棚田が広がり、黄金色に光る稲穂と赤い彼岸花に息を呑む美しさです。

春にはれんげ・菜の花で彩られます。
稲淵知区の彼岸花
もちろん、彼岸花も…
稲淵地区の飛鳥川
稲渕付近の飛鳥川はこんな感じで流れています
稲淵・かかしコンテスト 稲渕のかかしコンテスト 稲淵・かかしコンテスト
実りの秋には『かかしコンテスト』が開催され、ユニークでかわいい案山子が立ち並びます
2017年の「彼岸花まつり」は 9月23日〜24日です
(かかしコンテストの案山子は11月下旬頃まで展示の予定)
おづな
男綱
 
男綱 飛鳥川に掛けられているこの綱は毎年1月成人の日に行われる稲渕の『綱掛け神事』の物。

源流に棲む男性竜神のシンボルをかたどっています。

栢森の女綱と一対をなし五穀豊穣・子孫繁栄の願いが込められています
男綱
飛び石
 (石橋=いわはし)
 
  男綱を過ぎた
あたりに
「飛び石→」
の看板がある
ので、その指示にしたがって
川のほとりまで下っていきましょう
飛鳥川の飛び石(石橋) このページの冒頭に書かせていただいた万葉集に残る歌…
♪飛鳥川  明日も渡らむ 石橋の
 遠き心は 思ほえぬかも♪
 「僕は明日もこの石橋を渡って君に会いに行くよ!
 その心は、この石橋のように、ずっと離れる事はないんだ」
飛鳥川の飛び石(石橋)
この石橋を渡って、毎夜愛しい彼女に会いに行った万葉人のロマンスを歌ったもの・・・ほほえましいですね
竜福寺
(境内自由)
 
竜福寺は浄土宗鎮西派の末寺で、境内に日本最古の墓標とされる五輪石塔があります。
竜福寺
竜福寺から望む飛鳥川
竹野王碑
これがその五輪石塔…
←遠目 アップ→

竹野王碑
と呼ばれているこの石塔は、5層のうち3層4層部分が残っていて、「天平勝宝三年歳次辛卯四月二十四日丙子、従二位竹野王」の文字が刻まれています。

竹野王という人については未だ謎ですが、長屋王邸宅からも、その名が記された木簡が出土している事から、更なる研究に期待が高まります
竹野王碑
10 南淵請安
の墓
 
南淵請安の墓 南淵請安は、小野妹子や後に国博士となる高向玄理とともに遣隋使として中国に渡り、帰国してからは、この稲渕から飛鳥川を挟んで対岸の朝風に居住し、儒教を教えた先生です。
南淵請安の墓
請安先生のお墓は、↑このほこらの裏手にあります。
中大兄皇子(後の天智天皇)や中臣鎌足も請安先生の生徒で、蘇我入鹿の暗殺計画を請安先生の邸宅で練ったという話は有名…
南淵請安の墓
請安先生は、今も飛鳥川を見守ってくれています
このへんの飛鳥川 飛鳥川・上流
このあたりの飛鳥川は、神の領域・・・といった神々しい神秘な空気に包まれています。
あすかがわかみにますうすたぎひめのみことじんじゃ
11 飛鳥川上坐
宇須多伎
比売命神社
 
飛鳥川上坐宇須多伎比売命神社 名前も長いが石段も長いこの神社。下流の甘樫丘近くにある飛鳥坐神社の男神に対する女神だとか…

古代から伝わる雨乞いの儀式、
『仮南無天踊り』が今も受け継がれています。
飛鳥川上坐宇須多伎比売命神社
昔の雨乞い神事の様子 飛鳥川上坐宇須多伎比売命神社
めづな
12 女綱
稲渕の男綱と対をなすこちらは、やはり飛鳥川上流に棲む女性竜神のシンボルをかたどっています。
女綱 土だけでも種だけでも作物は稔らない… 五穀豊穣と子孫繁栄の哲学的な関係に思いを馳せましょう。
福石
↑こちらは女綱のそばにある福石

栢森の綱掛け神事は1月11日に福石を舞台に行われます
かやのもり
栢森バス停
栢森・バス停 冒頭に書いた通り、最初は芋峠を越えて吉野まで行くつもりでしたが、ここ栢森から3〜4時間かかるとの事で断念して集落散策へ…
←のバス停写真の奥、右へ行く道が芋峠を越えて吉野へ行く新しい道で左が集落を通る道です。

注:2015年10月より栢森を通る飛鳥循環バス「金かめ」は運休中です
栢森・バス停付近
13 西岡邸
西岡邸 栢森という地名の由来は、集落内にある加夜奈留美命神社の「カヤナルミ、あるいは山の狭の傾斜地という意味の「カヒナルミ」から来ているとも言われます。

それこそ、以前は吉野へ抜ける重要な道として栄え、この栢森も、その宿場町として栄えました。

西岡邸は、そんな宿場町でもひと際大きな旧家…有名な美術監督さんの生家だそうで、NHKの『華岡清洲の妻』など、時代劇のロケにも使用された事があるのだとか…
栢森の集落
散策
向こうから流れてきているのが手谷川。

右から流れ込んできているのが行者川。

ここで合流して飛鳥川になります。
飛鳥川合流地点
栢森の集落
栢森の集落を歩く中で唯一曲がる場所…バス停からだと向こう側から来て、右に曲がってこの栢森橋を渡り、一つめの道を左に行くと旧上市街道です。
旧上市街道
旧上市街道 栢森橋を渡ってすぐに左にまがる小路に龍福寺と加夜奈留美命神社がお隣どうし並んでいます。

実は、この小路が、芋峠からおりてくる旧上市街道で、今日のように明日香から来た場合は、ここで車の通る県道と上市古道は別々に芋峠へ向かう事になります。

しかし、旧街道は随分前に廃道になってしまい、とても初めての人が歩ける道ではないのだそうです。

時には県道と交差し、時には尾根に上がり・・・といった険しい道だそうでボランティアガイドさんなど、地元の道を熟知しているかたとの同行でないとまず、無理とのことでした
14 龍福寺
飛鳥岡寺を開山した義淵(ぎえん)上人が岡寺創建の時、同時に造った5つの龍の字のつくお寺の一つ…

季節になればサルスベリが見事に咲きます。
龍福寺
かやなるみのみこと
15 加夜奈留美
命神社
加夜奈留美命神社 龍福寺のお隣にあるのが加夜奈留美命神社…祭神の加夜奈留美命は大穴持命(オオナモチノミコト=オオクニヌシの別名)の娘とも言われ、日本最古の女性の神様とも…

江戸時代には「葛神」と呼ばれ、皇孫を守護するとして信仰を集めた位の高い神様です。

龍福寺とこの神社が並ぶ道をさらに行くと女性の龍神が棲むという女渕(めぶち)へ…さらに、道は多武峰へと続くそうですが、本日は、先ほどの栢森橋の道へと戻って、現在の芋峠から吉野へ向かう道のそばにあるゴラの滝へ行きます。
16 ゴラの滝
ゴラの滝 爽やかな渓流を感じさせるゴラの滝…この滝を見て今日は帰る事にしました。

もう少し行けば、役行者が吉野へ行く途中水垢離(みずごり)をしたという場所にある行者橋(おいしい水もあるらしい)。

そして芋峠から大和上市と続いていくのですが、バスの時間も迫っていましたし、この先は県道とはいえ、車も少なく、写真↓のような杉木立の道が続くようなので・・・。

さらに、吉野へ…
 
時間が許す限り!
明日香にどっぷり浸かるなら…
動乱の古代史の舞台「古京・明日香を歩く」のコース

飛鳥寺
飛鳥寺
石舞台古墳
石舞台古墳
猿石
飛鳥時代の歴史については:
『動乱の飛鳥時代徹底解剖』へGo
持統天皇と芋峠のお話 お世話になりました〜
そもそも、この上市古道を歩きたいと思ったきっかけは、持統天皇でした。
持統天皇は、あの大化の改新で有名な天智天皇を父に、天智天皇の弟で壬申の乱で後継者争いをする天武天皇を夫とする女帝です。(くわしくは、飛鳥時代一気読み年表

そんな彼女は、その人生のなかて合計31回、吉野へ通っています。
すべての御幸に、くわしい記録があるわけではありませんが、ほかに道はありませんから、おそらくは毎回この上市街道を歩いたに違いありません。

時には稲渕の棚田の秋の稔りを見ながら・・・、時には栢森で飛鳥川を眺めながら・・・、時には行者橋の美味しい水に舌鼓をうちながら・・・、やがて到着した芋峠ではるか下界の飛鳥を振り返り・・・彼女の吉野への旅はいつも特別な思いだったことでしょう。

なぜなら、吉野は彼女と最愛の夫・天武天皇との思い出の地だからです。
それは、父・天智天皇が亡くなった671年。

天智天皇の息子・大友皇子と夫・大海人皇子(後の天武天皇)の間に後継者争いが起こった時、身の危険を感じた大海人皇子は出家して吉野に入ります。

朝廷の中には「虎に翼をつけて放すようなものだ」と噂する者もいましたが、妻にとっては、不安いっぱいの吉野入りだったことでしょう。
それ以前、やはり後継者争いに巻き込まれた古人大兄皇子は、同じように出家して吉野に入りましたが、その後殺されています。

後に壬申の乱の勃発で吉野を出る時でさえ、20人余りの舎人を従えているだけですから、おそらく最初のこの吉野入りの時はもっと少ない人数の旅だったでしょう。

その後、壬申の乱に勝利し、天皇となった夫とともに皇后をまっとうし、夫亡き後は律令国家の完成形・藤原京を造営し、女帝として君臨しても、この吉野への思いは変らなかったに違いありません。

少ない人数でこの道を歩き、不安いっぱいで芋峠から故里・飛鳥を振り返った若き日の自分を、彼女は一生忘れることはなかったのでしょうね。
ガイドブックはおろか、まともな地図さえないこの場所に、「行けばなんとかなるだろう」と、見切り発車の現地入り。

しかし、天は我を見放してはいませんでした〜途中、『神奈備の郷活性化推進委員会・さらら』の皆さんと出会いました。

上市まで、どのくらいかかるとか、旧上市街道はガイド無しではあぶないとか、雨乞い神事の事とか、いろんな事を教えていただきました〜。

皆さんは、町おこしの一環として、特産品の試食パーティを開いたり、特産品販売所を設けたり、ボランティアガイドなど、様々な活動を精力的に行われています。
ブログ運営中→さらら日記
奥明日香の観光に
興味がおありの方はご連絡を↓
神奈備の郷 活性化推進委員会「さらら」

代表 : 坂本 博子 さん
〒634-0124 明日香村栢森373
TEL:0744(54)5005
MAIL:sarara@love-asuka.jp
★「さらら」の皆さんが、地元の素材を生かしたランチ&ティーのお店「奥明日香・さらら」をオープンされました〜
HPはコチラ→奥明日香 さらら
花暦&歳時記
                       

南淵請安の墓
れんげ・菜の花
稲淵
サルスベリ
龍福寺
彼岸花
石舞台・稲淵

石舞台
11日・成人の日
綱掛け神事
栢森・稲淵
中〜下旬
彼岸花まつり

稲淵地区
奈良全域の   花暦はコチラ   歳時記はコチラ
 
地図へ戻る  
地図へ戻る  
地図へ戻る  
地図へ戻る  
奈良のホテル旅館
満足度ランキング
情報がお役にたちましたらWeb拍手で応援してください
更新の励みになりますm(_ _)m→
 
 
お探しの情報が見つからない時は↓
サイト内検索
カスタム検索
 
 

このページの先頭へ戻る