京阪奈ぶらり歴史散歩
トップページへ 京都・歴史散歩 大阪・歴史散歩 奈良・歴史散歩
     
   
     
 秀吉と龍馬に思いを馳せて酒蔵の町・伏見を歩く
 
秀吉と龍馬がかっ歩した酒蔵の町・伏見の歴史散歩
戦国の雄・豊臣秀吉が造った城下町を、幕末の雄・坂本龍馬が闊歩した・・・そんな二人に思いを馳せながら酒蔵の町を歴史散歩です。

遠くから来られる龍馬ファンのかたならお墓のある霊山や海援隊京都本部だった酢屋にも行かなければならないでしょうから、ピンポイントで水色のコースを・・・
これなら1時間ちょっとで龍馬さんと酒蔵の町を味わえます。

せっかくだから薩摩九烈士のお墓にもお参りを・・・というなら
ピンクのコースを加えて・・・こちらは2時間半くらいで廻れます。
(丹波橋・発→伏見桃山または桃山御陵まで)

緑のコースも含めたら3〜4時間くらいで、伏見を軽く一周できます。
     (注:月桂冠本社のきき酒にはまった場合は保証致しかねます
京阪・近鉄:丹波橋駅
 05分
1 大黒寺
 05分
2 旧薩摩藩邸付近
 10分
3 宝福寺
 12分
4 西岸寺
 12分
5 寺田屋
 05分
6 長建寺
 03分
7 月桂冠旧本社
 08分
8 東本願寺伏見別院
 04分
9 源空寺
 07分
10 御香宮神社
 20分
11 明治天皇桃山陵
 15分
12 伏見桃山城
 06分
13 桓武天皇柏原陵
 10分
京阪・近鉄:丹波橋駅

歩行時間:約2時間
京都歴史散歩:伏見周辺の地図
地図を別窓で開く・印刷する
大黒寺
(境内自由)
大黒寺 寺田屋事件
文久二年(1862年)春・・・当時の薩摩藩は、藩主・島津茂久の父・久光を中心にした公武合体派と勤王倒幕を掲げる急進派に分かれていましたが、久光は急進派の動きを押さえようと兵を率いて上洛の構えを見せます。

そこで、急進派の有馬新七ら9人が、関白・九条尚忠と京都所司代・酒井忠義を殺害すべく、4月9日寺田屋に集結・・・
これを知った藩は、有馬らに計画の中止をするように説得しに、藩士・奈良原ら8名が乗り込みますが、口論の末に斬り合いになり、急進派のうち7人が即死、翌日2人が切腹となりました。
江戸時代を通じて薩摩藩の祈願所だったので、薩摩寺とも呼ばれる大黒寺には、寺田屋騒動で犠牲となった薩摩九烈士のお墓があります。

事件当時は、叛逆人の汚名を背負った彼らでしたが、後に薩摩藩が倒幕派に方針転換したため、9人は維新の先がけ・薩摩九烈士と称されるようになり、明治になってから、ここに手厚く葬られたのです。
碑の文字は西郷隆盛の筆によるもの。
薩摩九烈士のお墓
旧薩摩
 藩邸付近
旧・薩摩藩邸付近
今は酒蔵が建ち並ぶこのあたりは、薩摩藩邸のあった場所・・・
寺田屋で傷を負った龍馬がかくまわれたのも、近藤勇を襲撃した高台寺党が逃げ込んだのも薩摩藩邸・・・面影はなくとも、しばし立ち止まってしまいます。
ちょっとウラ話・・・近藤勇・襲撃事件
慶応三年(1865年)3月、「御陵衛士(陵墓の護衛係)として新撰組を離脱した伊東甲子太郎(かしたろう)とその仲間は、高台寺党となるのですが、その11月・・・新撰組による甲子太郎暗殺=油小路の変が起こります。

当日、京都を離れていて無事だった篠原泰之進や内海次郎、安部十郎ら高台寺党の生き残りが、殺害された甲子太郎以下4人の復讐を誓う中、二条城に出向いた新撰組局長の近藤勇が、当時新撰組が陣を置いていた伏見奉行所(現在の桃陵団地内)に戻る日づけを聞きつけ、「これは絶好のチャンス!」>とばかりに、その帰り道を襲撃する事にします。

慶応三年>(1867年)12月18日、部下数名とともに、伏見街道沿いの空き家にて待ち伏せ・・・馬に乗った近藤が伏見にさしかかる頃、元新撰組の砲術師範だった安部の撃った弾が、近藤の肩と胸の間に命中します。

手ごたえアリ!と見て取った彼らは、一斉に刀を抜いて斬りかかり、近藤の連れていた部下数名のうち、二人がこの交戦で命を落しますが、近藤自身は、重傷を負いながらも、落馬する事なく、そのまま馬を走らせ、何とか伏見奉行所までたどりつきましたが、その後は療養のため、翌年・慶応四年(1868年)1月3日に勃発した鳥羽伏見の戦いには参戦できず、この時に参戦した新撰組の指揮は土方歳三が引き受ける事になります。
後に、安倍は、この襲撃場所を、「伏見の尾張藩邸の横にある街道を曲がるところ」と証言していますので、その証言に間違いがなければ、 伏見板橋小学校
板橋小学校前
現在の伏見板橋小学校が元尾張藩邸の場所・・・そこで襲撃し、そのまま薩摩藩邸へ逃げ帰り、彼らは戊辰戦争では薩摩軍として参戦しています。

結局、この戊辰戦争の途中で、近藤は新政府軍に拘束され、襲撃犯らと同じ高台寺党の生き残りの加納鷲雄によって、そのメンが割れる事となり、斬首されるのですから、結果的に、彼ら高台寺党の生き残りは、伊東の仇を討ったという事になるのかも知れません。
宝福寺
(境内自由)
宝福寺
その昔は、三十石船で伏見に着いた旅人たちが、安全を祈願して参拝した木挽町の金毘羅さんとして有名でした。
境内の金毘羅堂は、もともと伏見城内にあったお堂を元和六年(1620年)にこの地に移したもので、豊臣秀吉と淀君が祈願して秀頼を授かったとされる子授け石・陰陽石があります。
駿河屋前
市電発祥の地
(油掛通)
宝福寺の前の道を南へ・・・大手筋へ出て左(東)へ曲がると竹田街道との交差点(信号あり)を右(南)に行くと、一つ目の信号の角に伏見駿河屋さんがあります。
電気鉄道発祥の地=油掛通
ここは、西岸寺の油懸地蔵にちなんで「油掛通(あぶらかけどおり)と呼ばれる通りで、明治時代には、第一銀行が京都支店に続いて、ここに伏見店を開業した事でもわかるように、かなりの繁華街でした。

明治二十八年(1895年)には、京都博覧会に合わせて、ここから七条ステイションまで、日本初の電気鉄道(後の京都市電)も開通しましたが大正時代には、明治天皇の桃山御陵ができ、徐々に賑わいは大手筋へと移っていったのです。
西岸寺
(境内自由)
ある油商人が誤って地蔵に油を掛けてしまった・・・しかし彼が後に大金持ちになった事から油掛け地蔵と呼ばれるようになりました。
西岸寺(油懸地蔵)
竜馬通り商店街
龍馬通り商店街
かつて伏見に着く三十石船の船宿が軒を連ねていたこのあたりは、竜馬ファンのお土産獲得場所。
寺田屋
(拝観:400円)
寺田屋の坂本龍馬像
寺田屋 寺田屋は、当時伏見にたくさんあった三十石船の乗客相手の船宿の一つ。
寺田屋の井戸
↑維新の頃からあった井戸
薩摩・寺田屋騒動も発端の部屋
薩摩藩士の定宿に指定されていた寺田屋は、幕末の頃に二度、歴史の舞台となりました。
一度めの『寺田屋騒動』の時、薩摩藩士同士の斬り合いはこの部屋から始まったという事です。
二度目は、慶応二年(1866年)正月、坂本龍馬が長州藩士・三吉慎蔵と密談していた時、伏見奉行配下の役人と新撰組・隊士ら二十余名が襲撃した『寺田屋事件』
入浴中のお竜が捕り方に気づき・・・
↑風呂に入っていて、捕り方に気づいた恋人のお竜が、裸で飛び出し↑階段を駆け上がって・・・
↓2階の部屋にいる龍馬に知らせに行く・・・ドラマでも名場面ですね。
龍馬の部屋(寺田屋内)
お竜の知らせを、この部屋で聞いた龍馬は龍馬は、ピストルで捕り方を脅かした後、隣之二階の角部屋から屋根に飛び移り、屋根づたいに裏へ逃げました。
寺田屋・見取り図
龍馬の逃走ルート
寺田屋入り口(土間)→
寺田屋・入り口の土間
(*2008年2月5日付けで、京都市は『現在の寺田屋は明治以降に再建されたもの』との鑑定結果を発表しました・・・上記の寺田屋内での細かな描写は、あくまで寺田屋側の説明としてご理解ください)
関連ページ:坂本龍馬・暗殺犯を推理するへGo
長建寺
(境内自由)
 
月桂冠
 旧本社
(拝観:300円)
長建寺
長建寺
建築学上とても貴重な唐門のある長建寺は、別名・島の弁天さんとして親しまれています。
月桂冠旧本社・大倉記念館
月桂冠旧本社・大倉記念館
月桂冠大倉記念館として公開中(盆・年末年始休館)
酒造りの歴史を紹介、きき酒もできます。
三十石船
十石船発着所
長建寺の前の橋のたもとは十石船&三十石船の発着所・・(4月〜11月)
伏見名物・十石船 このあたりは酒蔵が建ち並ぶ最も伏見らしい情緒あふれる場所・・・しばし水郷の景色に酔いしれるのも○です  (運航表はページの末尾へ
遊覧船もおつな物
東本願寺
 伏見別院
 
源空寺
(境内自由)
東本願寺 伏見別院
幕末には会津軍が駐留していた伏見別院。
前面の道は、どこから来てもぶち当たる『四つ辻の四つ当たり』と呼ばれる不思議な構造。

東本願寺・伏見別院
源空寺
源空寺
伏見城の遺構といわれる2階建ての山門。
1階の両脇には、やはり伏見城にあった豊臣秀吉の持念仏・大黒天などが収められています。
10 御香宮神社
(境内自由)
 

←伏見城の大手門を移築した表門。↑拝殿も、伏見城の車寄せを改めた物で華麗な桃山彫刻が施されています(↓彫刻のアップ)
幕末の鳥羽伏見の戦いでは、長州がここに本陣を置き、
伏見奉行所(現在の桃陵団地)の幕府軍と相対しました。

11 明治天皇
 桃山御陵
伏見城跡に城の城郭を残したまま造られた明治天皇の御陵です。
参道けっこう長いっす
休憩タイム・・・鳥羽伏見の戦い
自ら大政奉還を行って、幕府の政治体制を残したままの新政府の樹立をもくろんだ第15代将軍徳川慶喜でしたが、あくまで倒幕を目標とする薩長が、江戸市中でテロ行為を繰り返したため、慶喜は『討薩の表』=薩摩藩への宣戦布告を発し、慶応四年(1868年)1月3日、その『討薩の表』を朝廷に提出すべく、1万5000の幕府軍が伏見街道を進む本隊と、鳥羽街道を進む別働隊との二手に別れ、それぞれ京を目指します。

一方、行く手を阻む新政府軍は5000・・・長州藩が中心の伏見街道方面担当は、御香宮神社に布陣し、薩摩藩中心の鳥羽街道担当は、鴨川に架かる小枝橋付近に布陣します。

やがて、幕府軍の隊列が新政府軍の布陣するあたりに到着する正午頃、伏見街道と鳥羽街道の両方で・・・「このまま通行させろ」「朝廷の許可が出るまで通行できない」の小競り合いがはじまり、その後、午後5時頃、鳥羽街道にて強行突破しようとする幕府の隊列に、薩摩側が砲撃を開始し、これをきっかけに戦闘が始まります。

その時、一方の伏見では、御香宮に陣取る長州と、伏見奉行所に陣取る幕府軍とがにらみ合い状態でしたが、かの鳥羽街道での砲撃の音をきっかけに、こちらでも戦闘が開始されます。

鳥羽街道では、道を開けてくれるものと思って、2列の縦列で行軍していた幕府軍は、左右に兵を配置していた薩摩軍の集中砲火を浴び、またたく間に被害者が続出・・・さらに、砲撃の音に驚いた馬が奔走して、早くも統率を取る事が不可能な状態に陥るとともに、戦闘に長けた見廻組は、刀中心で銃砲の前には、まったく歯が立たない状況で幕府軍は後方へと撤退・・・一方の伏見でも、幕府軍は、本隊ゆえに兵の数が多く、狭い市街戦となってしまった事で、逆に身動きがとれなくなってしまい、頼みの綱の新撰組も刀中心では統率のとれた新政府軍を阻止できず、やがては伏見奉行所そのものが炎上し、やむなく淀城へと撤退しました。

5日には、天皇から授かった錦の御旗が、戦場にかかげられ、賊軍となった幕府は敗北の一途をたどります。
12 伏見桃山城
遊園地・キャッスルランドが閉鎖され、今はお城を中心とした運動公園へと生まれ変わりました。
伏見・お城まつり

2014年に築城50周年を記念して開催された『伏見・お城まつり』をキッカケに、その後、毎年秋にイベントが行われています

ポスター『伏見・お城まつり』>>
動画『伏見・お城まつり』>>
↑コチラは昨年のお城まつりの様子

2016年の『第3回伏見・お城まつり2016』は、
日時:10月16日(日)10時〜15時開催予定

場所:伏見桃山城公園および伏見桃山城1Fフロア
(少しだけお城の中に入れます)

最新情報は「伏見・お城まつり実行委員会フェイスブックページ>>をからどうぞ

13 桓武天皇
 柏原陵
怨霊に怯えまくった桓武天皇も今は静かに・・・。
御陵の前からまっすぐ西へ向かって行けば、丹波橋の駅に到着します。
足をのばせば 「伏見稲荷大社と稲荷山をピンポイントで巡る」のページへGo
伏見稲荷大社
全国稲荷の総本山・伏見稲荷大社へは・・・・
京阪本線で丹波橋から京都方面へ4駅。

本殿の背後にある稲荷山を制覇するには2〜3時間必要ですが、
有名な千本鳥居のあたりまでなら、30分足らずなので、気軽に行けます。
時間があれば、どうぞ
十石舟 運航表 最新情報は京都伏見観光連携協議会のページでご確認ください

4月1日〜11月30日
四季折々の風景を見せる十石船と三十石船…川面にそよぐ柳と、建ち並ぶ酒蔵
いつもと違う伏見を、のんびりと堪能してください
十石船(例年の運航表
●料金:1000円 ●定員:15名 ●所要時間:50分〜55分
●発着場所:月桂冠大倉記念館裏乗船場⇔三栖閘門(下船して見学)
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
運行期間 1〜30 1〜31 1〜30 1〜31 1〜20 1〜30 1〜31 1〜30
運休日 毎週月曜日(ただし4・5・10・11月の月曜と祭日は除く)・8月下旬〜9月に夏期休暇
時刻
  4月1日〜11月24日まで
10:00 10:20 10:40 11:00 11;20
13:00 13:20 13:40 14:00 14:20 14:40
15:00 15:20 15:40 16:00 16:20
  
 
  11月26日〜11月30日まで
10:00 10:20 10:40 11:00 11:20
13:00 13:20 13:40 14:00 14:20 14:40
15:00 15:20 15:40
夜間f運行 8月1日

8月19日
時刻
17:30 17:50 18:10 18:30 18:50 19:10 19:30 19:50 20:10 20:30 20:50
8月1日〜19日は夜間運行のみとなります。
(万灯流しの日=8月上旬予定は運休します)
三十石船(例年の運航表
●料金:1000円 ●定員:30名 ●所要時間:35分〜40分
●発着場所:寺田屋浜乗船場⇔三栖閘門(下船して見学)
運航期間 2012年4月1日〜5月6日と2010年10月6日〜11月18日の土・日・祝日
時刻
9:35 10:35 11:35 13:35 14:35 15:35

団体のご乗船は予約が必要です・・・さらに正確な情報は京都伏見観光連携l協会まで
花暦&歳時記
                       
菜の花
伏見
十石船開始
発着場
お城
伏見
まつり
桃山城
京都全域の   花暦はコチラ   歳時記はコチラ
まぼろしの伏見城
桃山文化と呼ばれる、煌びやかで極彩色の華やかな文化が花開いた桃山時代は、まさに、豊臣秀吉全盛の時代です。

秀吉の伏見城の建設は、聚楽第の取り壊しから始まります。
その資材を使って、伏見の地に新しい城を建設し始めますが、当時は朝鮮出兵の真っ只中で、残った大名たち総出で城の建築にあたりました。
それが、指月城と呼ばれるお城ですが、完成の頃には、ちょうど第1次の文禄の役が終結し、朝鮮からの外交使節を迎えるとあって、絢爛豪華な大城郭に仕上がりました。

しかし、完成間もなく、大地震によって指月城は崩壊してしまいます。
時期的に、朝鮮出兵への報いだとか、関白秀次の怨霊だとか囁かれたりなんかもしますが、気をとしなおして、指月城から少し離れた地盤の強固な場所に、再び大城郭を建設します。

それが、伏見城です。
現在の桃山御陵(明治天皇陵)>のあたりを中心に半径500mに及ぶ壮大な敷地に、五層の天守閣を備え、名護屋丸、二の丸、松の丸、御花畑山荘、舟入御殿など粋をこらした名城です。
天守閣には、千畳の大広間があり、楊貴妃の間、学問所なども備えた、まさに、天下人にふさわしい壮麗なお城。
しかも、晴れた日には、遠く大坂城からも通信ができるという、計算されつくした設計となっていたほか、舟入りには宇治川から濠でつながれ、直接舟でも出入りできるという工夫もされていました。

城を取り巻いて、200余りの大名屋敷が建ち並び、建築資材を提供してまで、堺や大阪から大商人を誘致し、郷里・中村からも多くの移住者を呼び寄せました。
河川と道路網を整備した一大城下町は、当時、世界最大の都市としてヨーロッパに紹介されたほどでした。
しかし、完成してほどなく、秀吉は病に倒れ、帰らぬ人となってしまいます。

その後には、息子・秀頼が入城しますが、翌年には徳川家康が入城し、この城に居座る事となります。
そう、天下を狙う家康から見れば、目の上のタンコブだった秀吉が建てた城であるにも関わらず、「それでも、この城が欲しい!」と家康に思わせるほど、天下人にふさわしい素晴らしいお城だったのです。
やがて、関ヶ原の合戦の時に、この城は一部焼失してしまいますが、合戦に勝利して事実上の天下人となった家康は、すぐに伏見城を修復し、この城で政務を行い、側室の中でも一番のお気に入りだったお亀の方を御花畑山荘に住まわせ、晩年のほとんどをこの城で過ごします。
家康自身もそして、あの三代将軍・家光も、この伏見城で将軍宣下を受けています。

しかし、そんなに徳川家も大好きだったはずのこの城が、なぜか、家康の死後、数年も経たないうちに、跡形もなく取り壊されてしまうのです。
本丸御殿は二条城に移され、櫓は江戸城へ、石垣は川を下って大阪城の修復に・・・。
門などは、大徳寺西本願寺といった寺院などに・・・。

京都を巡っていると、本当にたくさんの「伏見城の遺構」という物にお目にかかります。
有名な、西本願寺の唐門。
上記の御香宮神社の表門は、かつての伏見城の大手門。
拝殿は、かつての車寄です。同じく、伏見にある源空寺・山門も伏見城の遺構です。

絢爛豪華な桃山文化の遺構が、一部でも無事残った事にホッとしますが、それにしても、この壊し方はいったい何なんでしょう?
合戦で焼け落ちたわけではありません。
誰もいなくなって廃城になったわけでもありません。

西本願寺・唐門

くわしい場所は【七条通を行く】へGo
現役で機能していたりっぱな城が、石垣どころか、礎石すら残らないほどの状態になるまで徹底的に壊される・・・というのは、他に例が無いのではないでしょうか?徳川家にいったい何があったのか?史料となるべき物がない以上、本当の理由は藪の中ですが・・・
「伏見城には淀殿の怨念がこもっている」「豊臣の城に徳川が入って、どうなるものやら・・・」なんていう、町の噂も、ひょっとしたら、単なる噂では片付けられないような事件が起こっていたのかも知れません。

跡地には、明治天皇の御陵ができた事もあり、ほとんど発掘調査らしい調査は行われていない伏見城ですが、近くのの大名屋敷跡と見られる場所から、大量の金箔瓦発見されています。
あの秀吉さんの事ですから、天守閣に金箔が貼られていたのは、大体想像がつきますが、大名屋敷にまで金箔とは・・・それも、地下わずか1mの所に埋まっていたという事なので、オドロキですね。
徳川時代に徹底的に破壊された広大な跡地には、見渡す限りの桃の木が植えられ、花の季節になると、あたり一面、淡い桃色の花で埋め尽くされたとか・・・それが、このあたりの桃山という地名の由来です。

秀吉の天下であった事を意味する桃山時代という名称・・・
豊臣の繁栄を映し出す豪華絢爛な桃山文化という名称・・・
皮肉にも、その名称が、豊臣天下の象徴であった伏見城が壊された跡の桃の花に由来するとは・・・何とも言えない空しさを感じさせられます。

ちなみに、上記の
Kでご紹介している京阪電車や近鉄の車窓から見えるあのお城は、遊園地のシンボルとして建てられた物で、秀吉の伏見城とは関係がなく、歴史的史跡ではありませんので、その名称は伏見城ではなく『伏見桃山城』となっています。
地図へ戻る  
地図へ戻る  
地図へ戻る  
地図へ戻る  
京都のホテル旅館
満足度ランキング
情報がお役にたちましたらWeb拍手で応援してください
更新の励みになりますm(_ _)m→
 
 
お探しの情報が見つからない時は↓
サイト内検索
カスタム検索
 
 

このページの先頭へ戻る