京阪奈ぶらり歴史散歩
トップページへ 京都・歴史散歩 大阪・歴史散歩 奈良・歴史散歩

宇治十帖・昼ドラ劇場
ラブストーリー

源氏物語・宇治十帖をわかりやすいように、現代風にしてみました

第四十五帖・橋姫  家政婦は見た!薫の出生の秘密
今をときめく大企業・宇治物産は、先々代社長・桐壺から先代社長・朱雀へ交代の時、後継者争いでおおいにモメましたが、今は朱雀の息子・今上が社長を務め、落ち着きを取り戻していました。

この物語の主人公・
の伯父・八の宮は、その時の後継者争いから脱落し、日々落ち込んでひっそりと宇治で暮らしていましたが、奥さんの北の方が二人の娘を残したまま亡くなり、さらに落ち込んで完全に出社拒否状態。
大の大人がひきこもりになっていました。
 
社内でも噂になり「もうアイツはあかん!」などと、陰口をたたく者もいます。
は、八の宮が心配になって、宇治の家に訪ねて行きました。

宇治の自宅で、
八の宮と色々話をしてみると、意外と落ち込みから這い上がってきていて、むしろ、悟りを開いたような雰囲気で、「人生捨ててないんだな」と感じ、はホッとしました。
 
そして、それからは、時々
八の宮の自宅に遊びに行くようになったのです。

ある日、
がいつものように、八の宮の家に遊びに行くと、八の宮は留守で、娘の大君中君が家にいました。
ふと、見ると、二人ともメチャメチャ美人じゃないですか!
 
こんな美人をほっとくわけにはいきません!イケメン
の男心が揺らぎます。
しかし、さすがにプレイボーイの
も、いきなり彼氏のいるいないを聞くわけにもいかないので、(わき)という家政婦も仲間に入れて、4人でなんやかんやと話を始めました。

するとその
という家政婦は、以前会社にいた柏木の家政婦をしていた女性の娘で、その柏木の事をくわしく知っていました。
柏木は宇治物産で重役にまで上り詰めた人物ですし、父・光源氏の前妻・の甥でもあり、兄・夕霧の親友でもあった人なので、もその存在は知っていましたが、随分前に病気で亡くなっていてくわしい事は知りませんでした。
そして、
は家政婦から自分の出生の秘密を聞かされるのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・

柏木
は、会社内でも評判のデキる男で、バリバリ仕事をこなしていましたが、ある日社内検診でひっかかり、再検査の末にガンである事、しかもかなり末期で手の施しようがない事をを医者から告知されてしまいます。

仕事も何もかも順調で、地位も名誉も手に入れた
柏木でしたが、ただ一つ手に入れられなかったモノがありました。
それは、親友の
夕霧の父・光源氏の妻・三宮でした。

柏木は、三宮の姉・落葉と結婚していましたが、ずっと以前から密かに三宮に恋をしていたのです。
しかし、所詮は他人の妻・・・と諦めていましたが、余命いくばくもない・・・と知った今、何とか死ぬ前に思いを遂げたい!と思うようになります。

そして、ある夜、
源氏が出張で自宅にいないのを確認していた柏木は、彼女の家を訪ねます。
義理の息子の親友で、姉の夫だから・・・と安心して、自宅に入れた
三宮を、柏木は半ば強引に押し倒します。
デキる男でしかも
源氏に勝るとも劣らないイケメン柏木・・欠点と言えばその強引さくらいでしょうか・・ウフッ
ふたりは、そのままベッドイン・・・

しかし、一夜明けて落ち着くとお互いが自責の念にかられ、その後しばらくは「僕が悪い」「いや、私が悪い」と、ふたりともがメールであやまりたおしていましたが、そのメールのやりとりを
源氏は見つけてしまいます。
しかも、
三宮はその一度の火遊びで妊娠していたのです。

源氏が、すべてを悟ったことを知った柏木は、「自分が早く死ねば、源氏の怒りも少し収まるだろう」などと考えるまでになり、日に日に病気が悪化していきます。
やがて、
三宮は男の子を出産します。その男の子がです。

三宮は、苦悩のため産後どんどん痩せていき、もう以前のふたりには戻れないと思って、とうとう源氏との離婚を決意し、その事を父の先代社長・朱雀に打ち明けました。

朱雀は、理由がわからず、最初は反対しますが、三宮の決意の固い事を知って、しかたなく承諾します。
ふたりのやりとりをそばで聞いていた
源氏は、妻と柏木の不倫の事も、そしてその事でふたりがおおいに悩んでいる事も、充分に知っていたので、三宮に対して怒りをあらわにする事はありませんでした。

そして、とうとう
柏木は亡くなってしまいます。
の生後50日のお祝いの席で、源氏はベビーベッドなどの準備をしながら、やせ細った三宮と死んだ柏木の事を思うと、怒りよりも哀れさを感じ、をそっと抱きかかえ、自分の子として育てる決意をするのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・

から自分の出生の秘密を聞き、形見だと、柏木三宮へ出した『送信済みメール』を見せてもらうのでした。
重い・・・重過ぎる出生の秘密・・・こんな重い出生の秘密を聞いたにもかかわらず、
は相変わらず恋愛にいそしむのだから、そのパワーはスゴイ。
このページの先頭は戻る
第四十六帖・椎本(しいがもと)  美人姉妹とお近づき
と、次期社長・匂宮は大親友です。
当然、
八の宮のふたりの美人姉妹の事も話しをして、なんとか合コンの約束を取り付けようと色々チャンスをうかがっていました。

あるとき、
匂宮の宇治の別荘で、をはじめとする男友達が集まってワイワイとバンドの練習なんぞやっていたところ、川向こうにある八の宮の家に、音楽が聞こえていたらしく『ちゃん、宇治にいるんだったら、家に遊びにおいでよ』と八の宮からメールが入りました。

は、美人姉妹と仲良くなるチャンス!っとばかりに、若い男連中をひきつれて八の宮の家へ・・・。
匂宮は、次期社長という立場から、自由がきかないため、大君のメルアド・ゲットだけで今日のところはガマンです。
その日の宴会が盛り上がった事は言うまでもありません。

それからしばらくして、美人姉妹は23歳・25歳の美しい盛りのお年頃。
も、重役に昇進しました。

ちょうどその頃、宇治の
八の宮の家に遊びに行くと、年をとって病気がちになっていた八の宮は「私にもしもの事があったら、このふたりの娘をよろしく頼む。見捨てないでやってくれ」と、に頼みました。
これは、ある意味親の許しを得た!って事で、
は心の中でガッツポーズ!

そして、まもなく
八の宮は亡くなってしまいました。
お葬式の夜、
は悲しみにくれる姉妹の手伝いをしながら、姉の大君は自分に・・・、妹の中君匂宮に・・・と、心の中で自分勝手な妄想を抱くのでした。
このページの先頭は戻る
第四十七帖・總角(あげまき)  匂宮&中君くっつけ作戦
八の宮の一周忌を迎える頃、この一年何かと面倒を見てきたおかげで、大君は以前よりずいぶんと打ち解けた間柄になっていました。
しかし、
大君は前へ出るタイプの女ではなく、何かと少し後ろに下がる・・・というか・・・自分を卑下するタイプの女でしたから、が何度誘いをかけても、「私より中君のほうがいいわよ」と言うばかりで、らちがあきません。

「これは、もう早く
匂宮中君を会わせて、ふたりをくっつけてしまえば、大君も納得するだろう」と、『匂宮中君くっつけ作戦』の思案を練ります。
そして、ある夜、
匂宮を宇治へ誘い出し、有無を言わさず中君の部屋へほうり込んでやりました。
匂宮中君も、の意図を100%わかっていたわけではありませんが、匂宮も社長のぼんぼんとは言え、けっこうな女好き・・・しかも相手は美人の中君ですから・・・。
そういう場合なるようになってしまうのが、若い男と女・・・

その日から、
匂宮中君のもとへしばしば通ってくるようになりました。
大君も、その様子を見ていて、「匂宮は時期社長という自由にならない立場なのに、よく中君のところへ通ってくるので、これはやはり真実の愛なんだろう」と心の中でうれしく思っていました。

やがて、
匂宮は「いつか君を両親に紹介するから・・・」とけっこうまじめにふたりの交際を考えるようになります。
しかし、ふたりの交際を知った
匂宮の両親・社長夫婦は、猛反対。
そのことで、
匂宮はあまり中君のところへ通えなくなってしまいました。

会社の秋のレクレーションで、宇治に紅葉を見にやってきた時も、やその兄の夕霧や他の社員も一緒だったため、中君のところへは寄らずに匂宮は帰ってしまいました。

そんな様子を見ていた姉妹・・・明るい性格の
中君ではなく、思いつめるタイプの大君がふたりの仲を気にして病気になってしまい、心痛が重なってついには亡くなってしまったのです。
このページの先頭は戻る
第四十八帖・早蕨(さわらび)  匂宮と中君、同棲生活開始
父も姉も亡くしてひとりになってしまった中君は、ひとり寂しく暮らしていました。
古い友人が、なぐさめに旬のわらびなんか贈って来てくれましたが、
匂宮もあれから通ってくることもなく、さすがに明るい中君も落ち込んでいました。

匂宮にホントは自分は大君が好きだったと話をしながら、「中君とは、これでいいのか?」などと問い正してみました。
匂宮が答えるには、通えなくなった今も中君が好きで、両親を説得中だと言う。

やがて、
匂宮は何とか両親を説得して、京都の二条にマンションを借りてそこで同棲生活をする事になりました。
はうれしくなって、中君に会いに行くと、「最近、ずっと音沙汰がなかったので、少し不安ではあるけれども・・」と言いながらも、中君は引越しの準備など始めていました。

は引越しの手伝いをしながら、「本当は自分が先に、大君をこうやって迎えいれたかったなぁ〜」と思うと少し泣けてきました。
そしてふと見ると、やはり
中君大君の妹、そこかしこによく似ているところがあり、今になって匂宮に紹介したのを残念に思うのでした。

そして、二条のマンションで暮らすふたりの姿を、うれしく思う反面、
中君を自分のモノにできなかった事が日がたつ程に悔しくなってくるのでした。
このページの先頭は戻る
第四十九帖・宿木(やどりぎ)  ドロドロと恋愛関係がもつれだす
社長の今上は、自分の娘・二宮の嫁にどうか・・・と考えていました。
ある秋の日、
今上を自宅に呼んで、菊の花を賭けてのビリヤード対決を提案しました。
今上は負けてしまい、に一輪の菊の花を差し出しました。
これは、娘の
二宮を菊の花に見立てたもので、実は「娘をお前に託すぞ」という意味が込められたものでした。

しかし、
はどうしても八の宮の美人姉妹の事が忘れられず、いくら相手が社長令嬢でもここは譲れない!と、それとなく辞退します。

翌年になって、
夕霧の娘・六君匂宮の結婚話が持ち上がります。
その結婚は、以前から
夕霧が望んでいた事でした。(なんせ匂宮は次期社長ですから・・・)
そして、当事者たちの気持ちとはうらはらに8月に結婚式が行われました。

は、中君の事が気になって二条のマンションを訪ねてみました。
中君は、匂宮の子供を妊娠していて、5月頃から体長を崩して寝込んでいました。
それなのに、
中君は「私がいたらないせいなの。きっとこれから、私は世間の笑いものになるんでしょうね」と、自分が全部悪いのだと言い、匂宮を怨むような事は一言もいいません。

その姿がいじらしく、
匂宮は女好きだから、きっと中君の事もいずれは忘れてしまうんだろう・・・と思うとあらためて中君匂宮に譲った事を悔しく思うのでした。

いっぽう、
匂宮は、親の決めた結婚で、始めは乗り気だはなかったもの、あらためて六君をじっくり見てみると、これがけっこうカワイイ。
匂宮はすっかり六君に夢中になってしまい、二条のマンションにはまったく寄り付かなくなってしまいました。

そんな時、
中君から、「もう、二条のマンションを出て宇治へ帰ろうかと思うんだけど・・・どうしたら良いと思う?」と相談されます。
はチャンス!とばかりに、自分は中君が好きで、匂宮から奪いたいと思っている事を告白します。
中君は、驚きました。
今まで、死んだ姉の
大君の事を好きだと思っていたにいきなり告白されて、とまどいのあまり、返事ができませんでした。

しかし、そんなふたりの関係を
匂宮は、うすうす怪しいと感じはじめていました。
自分は今、
六君に夢中だけれど、中君がこそこそやりだすと、それはそれで、何だか面白くありません。
中君の関係が気になって、逆に匂宮は時々、また二条のマンションへ通うようになります。

そして、
は結局、社長に押し切られて、社長の娘・二宮と結婚する事になりました。

結婚してからも、
は宇治での楽しかった事がなつかしく、時々のもとを訪ねては、思い出話に花を咲かせていました。

その日も、
八の宮の事や、柏木の事、そして中君が何かの時に話していた大君中君の腹違いの妹・浮船についてもくわしく聞いたりしていました。

気候は晩秋になって、宇治の紅葉がたいへん美しかったので、
中君にも見せてやりたいと思い、写真を撮って、ひさしぶりに中君に写メを送ってみたりしました。
二条のマンションでは、
から送られてきたメールを匂宮があやしんで、携帯をとりあげて、メールを見てしまいましたが、その内容は、さしさわりのない文で、愛だの恋だの・・・という内容ではなかったので、匂宮もそして中君もホッとしました。

そしてふと、庭をみると秋の風にススキの穂が揺らいでとても美しい。
匂宮は、突然以前たちと、趣味でバンドを組んでいた時を思い出し、ギターを弾きながら歌なんぞ歌ってみたところ、中君もそれにあわせてピアノを弾きます。
その姿がとても美しく、
匂宮は、こんなに美人ならも惚れるアブナイアブナイ・・・と、あらてめて思うのでした。

いっぽう、その頃
は、宇治で中君の腹違いの妹・浮舟に出会いました。
これまた、死んだ
大君そっくりで、は一目ぼれしてしまいます。(えぇっ?中君はどーすんの?)
このページの先頭は戻る
第五十帖・東屋(あずまや)  浮舟を挟んでの三角関係が勃発
浮舟の母親は、八の宮の亡くなった妻・北の方の親戚で、八の宮の部下だった女性でした。
北の方が亡くなってから、八の宮が寂しさのあまり男と女の関係になって浮舟を生んだものの、その後八の宮が出社拒否のひきこもり状態になって、まったく会わなくなってしまったので、浮舟をつれて宇治物産の子会社の営業社員の後妻となっていたのでした。

は、社長の娘を妻にしてエリート街道まっしぐらの自分が、一営業社員の娘を愛人に囲うのは、どうだろう?と打算と本心との葛藤に悩みますが、どうしても浮舟の事を忘れる事ができません。

一方
浮舟の母は、浮舟はなんだかんだ言ってもその父親は、先々代社長・桐壺の息子・八の宮です。
敗れたとは言え、一時は後継者になるかもしれないと噂された人物の娘なわけで、何とか本社で良い待遇で、雇ってはもらえないものかと色々思案していました。

その事を小耳に挟んだ
中君は、腹違いとは言え、妹である浮舟の事ですから、気になって二条のマンションに呼んで、「しばらくの間、ゆっくりして行けばいいわ。死んだお父さんや姉さんの事も色々話たいし、もちろん就職の事も話したいし」と、思い出話をする相手ができてとてもうれしそうでした。

それから夜になって、
匂宮もやってきて色々話をしているうちに、本社のの部署で働くのが良いのでは・・・と勧めたりしていました。
ところが、そのあと、
中君がシャワーを浴びているスキに、匂宮浮舟の手をギュッと握りしめて、意味ありげな雰囲気をかもし出します。
突然の行動に
浮舟は、戸惑い恥ずかしさで顔が真っ赤になってしまいます。

やがて夜遅くに
匂宮は自宅に帰り、姉妹は明け方まで思い出話に花をさかせます。
中君は、浮舟大君によく似ているので、元気だった頃の姉と話しているような気持ちになって随分慰められました。
しかし、
浮舟は匂宮の行動が気になって、戸惑いを隠しきれませんでした。

そんな一部始終を、またまた家政婦は見ていたのです。
家政婦から話を聞いた
浮舟の母親は、あわてて二条のマンションから浮舟を呼び戻し、三条あたりの小さな家に隠して住まわせました。

やがて、秋も深まり、
八の宮の旧宅が改築されて売りに出されたというので、はその様子を見に行って、ついでにのところにもよって、色々話込んでいました。
話のついでに、今
浮舟はどうしているのか聞いてみると、三条の家の事を教えてくれました。

は早速浮船に会いに行きます。
の中にもう迷いはありませんでした。
車で、三条の家に乗りつけ、
浮舟に気持ちを伝えます。
とても金持ちそうには見えない小さなボロ家の玄関前で、高級外車から降りてきたいかにもセレブな男が、家の中にいる女に向かって大きな声で告白するものだから、近所の人も興味津々で覗き見します。
浮舟はあわてて玄関の鍵を開け、薫を中に迎え入れます。

は、浮舟の三条の家で一夜を過ごしました。
朝になると、家の前に何台もの高級車が並びました。


三条の家にある浮舟の荷物をすべて、が用意した宇治のマンションに運ぶためです。
浮舟は、三条の家に母をひとり残していく事が気がかりでしたが、このプリティウーマンのような状況をうれしく思うのでした。
このページの先頭は戻る
第五十一帖・浮船  いよいよ親友どうしの修羅場
中君は、浮舟の愛人になって宇治に住んでいる事を知っていましたが、匂宮浮舟に対する怪しい雰囲気も感づいていたので、その事は匂宮には隠していました。
しかしある日、
中君浮舟から送られてきた近況を知らせるメールを、匂宮は勝手に読んでその事実を知ります。

その夜、
匂宮浮舟の住む宇治のマンションへ向かいました。
声をまねて、「
だ」と言って玄関を開けさせます。
訪れたのが
匂宮だと知って驚く浮舟を、有無を言わさず押し倒し、そのまま強引に自分のものにしていまいます。
浮舟も、最後には匂宮を受け入れてしまいました。

次の日から、宇治川を挟んで向かい側にある匂宮の別荘で、2日ほどH三昧の日々を過ごしてしまいました。

それからというもの、宇治のマンションには、
匂宮も通ってくるようになります。
浮舟は、思い悩みます。
どうしたら良いのか自分でもわかりません。
そうなると時間の問題です。

とうとうふたりが、かち合う日がやってきました。
玄関の前に立つ
匂宮を見て、すべてを察した
「やはりバレてしまったか・・」とバツが悪そうな
匂宮

ふたりは、お互いの顔を見合いますが、ここで殴りあう・・・と言った行動には出ません。
ふたりとも、もう子供ではありませんし、自分の立場を充分理解しています。
お互い親友ですし、かたや一流企業の重役、かたや次期社長、しかも二人とも妻のある身です。
ここで、問題を起こして警察沙汰にでもなれば、一番損をするのは、自分たちです。

その日は何事もなかったように、
浮舟に会わずにふたりとも自宅に帰りました。
しかし、お互いの心の中では、たいへんな修羅場となっていたに違いありません。

案の定、はボディガードを雇って、誰ひとり浮舟の部屋には入れさせないようにしました。

匂宮
はあの日からあとも何度も通ってきますが、部屋に入れないので、いつも空しくそのまま帰ります。

その様子をマンションの窓から見る
浮舟・・・「もう、死ぬしかない」と、月夜に浮かぶ宇治川を見つめるのでした。
このページの先頭は戻る
第五十二帖・蜻蛉(かげろう)  三角関係に悩む浮舟・女遍歴に悩む薫
浮舟は、そのまま姿を消してしまいます。
ボディガードや、家政婦たちは、
浮舟が随分悩んでいた事を気づいていて「ひょっとしたら自殺したのかもしれない」と口々に言います。
近所の人たちに聞いてみても、「川原でうつろな表情で立っているのを見た」とか、宇治橋の上で今にも飛び込みそうな表情だった」とか、よくない目撃談ばかりが出てきます。

しばらくして、
浮舟行方不明の噂は社内にも広がり、いつしか「三角関係に悩んだ末、宇治川で自殺した」と皆が思うようになっていました。
も、いつしかあきらめムードになり、八の宮の姉妹三人ともに、自分との関係で不幸になってしまったような気がして、つくづく自分がいやになってしまうのです。

そんな時、
の育ての親・光源氏とその妻・の何回忌かの法要が行われ、そこでかいがいしく法要の手伝いをする匂宮の姉・一品に心ひかれ、一夜をともにします。
そして、
一品のところにいた家政婦・にも手を出してしまいます。

ある日、兄の夕霧と久しぶりに話す機会があった時、は「次から次へと女に手を出してしまう自分自身がいやでたまらない。

大君
が生きていればこんな事はなかったかも知れない。自分の探していたものが、ここにあった!と思って手に取ると、それはいつも蜻蛉のようにすぐに消えてしまう」とため息をつくのでした。
このページの先頭は戻る
第五十三帖・手習い  記憶喪失の女性は・・・韓流っぽい展開
比叡山の近くに、腕のいい評判の医者がいました。
ある日、医者は宇治に住む年老いた母親の様子を見に行く途中、森の中に倒れている女性を見つけます。
そのままにしておくわけにもいかず、彼女を抱きかかえて、もうすぐそばまで来ていた母の家へむかいました。

しばらく介抱していると、女性は気がつきましたが「自分の事も、なぜここにいるのかもまったく覚えていない」と言うのです。
母は、年のせいで体長を崩しているし、自分は仕事が忙しいので、とりあえず小野に住む妹の家に、母と身元不明の女性を連れて行きます。

妹は、その身元不明の女性が、死んだ自分の娘に似ているので「娘が帰って来たようだわ」と喜び、親身になって色々世話をしました。

少し落ち着いてから、医者は真剣な面持ちで、彼女に話をします。
医者は真面目な人物で、患者からの信頼もあつく、りっぱな人なので、彼女はしだいに心を許し、自分が
浮舟という名前である事、記憶喪失のフリをしていた事、宇治川に身を投げて自殺しようと思っていた事などを打ち明けました。

浮舟は、あの日川に身を投げようと宇治川に近づいたけれど、急に恐ろしくなってためらっていたところ、匂宮らしき男が現れ、「自分のところに連れて行こう」と抱かれたところで気を失ったというのです。
気が付いた時、どうして良いかわからず、つい記憶を失ったフリをしてしまったのです。

そして、この事は、自分がもとの生活に戻る決心がつくまで、医者と浮舟だけの秘密にして、母親と医者の妹には、もうしばらく記憶をなくしたフリを続けようという事にしました。

しかし、
浮舟の心の中には、もう以前の生活に戻る気持ちはなかったのです。
このページの先頭は戻る
第五十四帖・夢浮橋  薫と浮舟の愛の結末は・・・
やがて、比叡山の医者が、記憶喪失の女性を保護している噂がの耳に入ってきました。
は、医者のもとを訪れ、色々話を聞いてその女性は浮舟に間違いない!と確信し、医者に「今からが会いに行くから」とメールしておいてくれ、と頼んで、すぐさま医者の妹の家に向かいました。

浮舟がなにげなく窓から外の景色を眺めていると、家の前の道を向こうのほうから、見慣れた高級外車がやってくるではありませんか。
思わず、窓の下に身を隠すと、懐かしい
の声が聞こえてきます。
あの日、始めて三条の小さな家に現れたときのように、玄関先で気の毒なくらいに愛を叫びます。

そして、すぐさま、今度は携帯にメールの着信音。
らしい、温かいこまやかな文章で、浮舟に会いたい・・・と書かれています。
浮舟の瞳からは、大粒の涙がこぼれます。
しかし、「もう、あの日には戻れない」

は何度も何度もメールを出しますが浮舟からの返信はありません。
は、自分に会ってくれないのなら・・・と一緒につれてきた浮舟の弟・小君を使いにだしました。

しばらくして、帰ってきた小君の話を聞くと、やはり、もう会いたくないと言っているとの返事でした。

その返事を聞いた
は、「以前自分が宇治のマンションに浮舟を囲ったように、もうすでに誰かに囲われているんだろう。それならもう、自分の出る幕はないな」と思って、とぼとぼと、帰っていくのでした。
源氏物語・宇治十帖の古蹟をたどる『歴史散歩・宇治周辺』のページへGo このページの先頭は戻る
「おもしろい」と思っていただけましたらWeb拍手で応援してください
更新の励みになりますm(_ _)m→
 
 
お探しの情報が見つからない時は↓
サイト内検索
カスタム検索