京阪奈ぶらり歴史散歩
トップページへ 京都・歴史散歩 大阪・歴史散歩 奈良・歴史散歩
     
   
     
 厳かな空気に包まれる上賀茂から下鴨へ…
 
上賀茂神社から下鴨神社へ
京都三大祭りの一つ、葵祭ーあおいまつりーで知られる上賀茂神社から下鴨神社までの歴史散歩です・・・(葵祭についてはこのページの末尾へ

季節がよければ、府立植物園でたっぷりの時間をとって、花々を愛でるのも一興・・・。

少し距離があるので行きは、上賀茂神社前まではバスを利用しましょう。

出町柳からだと、南東角のバスターミナルから京都産業大学行きで10分・・・JR京都駅からもバスが出ています。

健脚なら、どうぞ加茂川沿いを、爽やかな風に吹かれて・・・時間があれば、そのまま京都御苑へも足をのばせます
鴨川の白鷺
京都歴史散歩:上賀茂から下鴨神社周辺地図
市バス:上賀茂神社前
 10分
1 上賀茂神社
 03分
2 社家の町並み
 04分
3 太田神社
 13分
4 深泥池
 15分
5 深泥池貴船神社
 04分
6 京都府立植物園
 すぐ
7 半木の道
 25分
8 下鴨神社
 境内
9 河合神社・任神社
 05分
京阪:出町柳駅

歩行時間:約1時間半
地図を別窓で開く・印刷する
上賀茂神社
(境内自由)
正式名称は賀茂別雷神社と言います
 社務所      拝殿     橋殿(舞殿)  土屋            楽屋
立砂:盛砂とも言い、立つとは、神様の出現に由来する言葉。その昔、神様が降臨した時に美しい円錐形の砂の上に降臨したので、それにちなんで、砂を盛ります。鬼門と裏鬼門に盛って清めます。
拝殿の前の立砂
境内の御手洗川で川遊びをしていた玉依姫が、川上から流れてきた白羽の矢を持ち帰り、床に刺したところ、男の子が生まれ、のちにその子が祭をなし天に昇ったので別雷神(わけのいかづちのかみ)として祀ったのが始まり。 御手洗川
境内を流れる御手洗川
と本殿に通じる楼門
橋殿
橋殿
土屋
土屋

楽屋
岩上 ←岩上(がんじょう)
葵祭の時、宮司がこの岩のうえで、祭文に対して『返祝詞(かえしのりと)』をささげる神聖な場所。この場所は、神と人との通い路で、『気』の集中する場所です。
本殿
本殿
神社の歴史は古く、7世紀末には、有力な神社となっていて、平安時代には、国家鎮魂の神社として朝廷の崇拝を集めていました。現在の社殿は、嘉永5年(1628年)に再興された物。ほとんどが重要文化財ですべてが世界遺産です。
社家の町並
このあたりは、上賀茂神社に仕える神官の屋敷(社家)が立ち並ぶ風情ある町並み。
社家の町並み 西村家
西村家:錦部(にしごり)家旧宅の庭園がある。社家庭園独特の水利用庭園は、指定名勝(拝観:500円)
井関家
井関家:17世紀から変わらない社家住宅の外観残しています。現在は『香袋いせき』を営業中です。
大田神社
(境内自由)
天岩戸隠れで軽快な踊りを披露するアメノウズメを祭神にする大田神社は芸能の神様としても知られています。神社のとなりにある『大田の沢』は、野生のかきつばたの群生地で、平安時代から名所として知られていました。 大田神社
かきつばたは、少しピークを過ぎていました。残念→
大田の沢
みぞろがいけ
深泥池
深泥池 周囲1.5kmこの池は、現在でも氷河期以来の動植物が生息する貴重な池です。

気候的には温暖帯にあるはずの京都で不思議な事に、冷温帯に成立する高層湿原が残っています。

真ん中のほうにあるのは、、深泥池の不思議の一つ、浮島で、世界分布の南限です。
昆虫を含む動植物生息地・深泥池生物群集として国の天然記念物に指定されています。
深泥池
貴船神社
(境内自由)
池と神社の間の道は、旧鞍馬街道で、平安時代には京六地蔵の一つ『みぞろいけ地蔵』が祀られ、室町の頃には、関所が置かれていました。
水を司る龍神を祀るこの神社は、都の生活用水を守る鞍馬にある貴船神社への参拝が困難なため、分社として建てられました。
深泥池貴船神社 深泥池貴船神社
京都
府立植物園
(入場:200円)
地下鉄・北山駅スグにある京都府立植物園は、四季折々の花が楽しいひとときを演出してくれます。
温室(入場:200円)もあるので一年中楽しめそう。

洋風庭園
紫陽花
紫陽花
西洋アジサイ
西洋アジサイ
府立植物園・バラ園
京都府立植物園・噴水
マーガレット
マーガレット
しゃくなげ
しゃくなげ
百合
百合
あざみ
あざみ
アメリカしゃくなげ
アメリカしゃくなげ
バラ園
バラ園 バラ園
金閣 バラ バラ バラ
菖蒲園
菖蒲園 花菖蒲
半木の道
半木の道 植物園を出てから20分ばかり鴨川沿いを歩きます。
河川公園と半木の道。いずれも車がなく、気持ちよく散歩できる道です。
気持ちよすぎで、出雲路橋のところで左に曲がるのを忘れないように・・・。
蝶
鴨川沿いでみつけた蝶
下鴨神社
(境内自由)
(宝物殿:500円)
正式名称は賀茂御祖神社言います
楼門 下鴨神社は正式には、賀茂御祖(かもみおや)神社と言い、神武天皇2年(紀元前658年頃)の日本書紀にその名が登場する歴史ある神社です。
毎年5月15日の葵祭の関連行事として5月12日に行われる御蔭祭は、紀元前581年から続く下鴨神社最古のお祭りです。
神社全域が世界遺産本殿は国宝です。
橋殿
    橋殿
御蔭祭の時、御神宝を奉安する御殿。古くは、奏楽、里雅楽、倭舞など行われ、現在も祭事に神事芸能が奉納されます。
御手洗川と輪橋 ←御手洗川と輪橋
    
(そりはし)
土用の丑の日に川に足を浸して病気を封じる『足つけ神事』をはじめ様々な行事が行われる御手洗川。
土用が近づくとこんこんと湧き出る水は京の七不思議の一つで、その湧き出る水をかたどった
『みたらし団子』発祥の地でもあります。
神服殿と舞殿
神服殿と舞殿
下鴨神社・糺の森
神社の周囲に広がる糺の森(ただすのもり)は、神々の息吹を感じさせる厳かな空気に包まれています。
古の奈良の小川↓
糺の森の発掘調査で発見された『鴨社古図』に描かれた小川の遺構を復元した物。ここで右手をさしひたし禊(みそぎ)をします。
糺の森に再現された奈良の小川
河合神社
任部社
(境内自由)
河合神社
河合神社は
静かなたたずまい
糺の森に囲まれた中にある河合神社は、『方丈記』で知られる鴨長明ゆかりの神社。

任部社(とうべのやしろ)は、蹴鞠(けまり)の祖神として知られる八咫烏(やたがらす)が御祭神。今やサッカーの神様です。
河合神社と任部社
あおい  毎年5月1日〜15日・・・(平安王朝行列は5月15日です)
京都三大祭りの一つ:葵祭り
葵祭とは・・・
祇園祭、時代祭と供に京都の三大祭に数えられている、上賀茂・下鴨両神社の恒例のお祭り『葵祭』。

凶作が続いた6世紀中頃行われた五穀豊穣を祈願するお祭りが起源と言われています。

正式には、『賀茂祭』と呼びますが、神社の社殿や、牛車、行列の人々が葵で飾られる事から、江戸の頃から『葵祭』と呼ばれるようになりました。
こんなにたくさんの古式ゆかしい行事が・・・
5月1日 13時〜 競馬会足汰式 上賀茂神社 5日の競馬会神事の組合せを、平安装束で騎乗し、実際に馬を走らせ決定するの見ごたえあり
5月3日 13時〜
15時半
流鏑馬神事 下鴨神社 葵祭の前に行われる神事、狩装束の射手が馬を馳せながら鏑を射る・・・馬上の妙技を披露!
5月4日 10時〜
11時
斎王代女人列御禊神事 上賀茂神社 行列の中心となる斎王代・他、祭に奉仕・参加する女性40名のみそぎ祓の儀
5月5日 11時〜 歩射神事 下鴨神社 弦の音で邪鬼を祓い、鏑矢で悪鬼を祓い、大的を射て葵祭の無事を祈る
5月5日 13時〜 競馬会神事 上賀茂神社 以前は宮中で行われていた馬を走らせる儀式・・・競馬会の儀:13時〜、左右の馬の競駈:14時頃〜
5月12日 御蔭祭 下鴨神社 下鴨神社の糺の森で「東游」の舞楽を舞う神霊をお迎えする神事
しかし、何といっても圧巻なのは、
15日
に行われる『路頭(ろとう)の儀』と呼ばれる総勢500人の平安王朝行列
王朝行列巡行(雨天順延)
京都御所 10時30分発
下鴨神社 11時40分着
14時20分発
上賀茂神社 15時30分着
★見物のワンポイント
行列が出発する京都御所、到着後に儀式が行われる上賀茂神社・下鴨神社の周辺は大変混雑しますが、河原町通りや、北大路通りなど、通りの沿道は比較的余裕があります。

行列より先に、河原町通や北大路通へと向かい、通りを歩きながら、人の少ない場所を見つけましょう。
10時半に御所を出発した行列は、丸太町通、河原町通を通って、下鴨神社へ到着。
下鴨神社で奉納行事が行われた後、午後から上賀茂神社に向かいます。
葵祭・斎王代
斎王代登場
葵祭 葵祭・牛車
葵祭
コレ重そうでした
葵祭
やっぱり女性の行列は美しい
葵祭
牛車って間近で見るとけっこうデカイ
大文字 上賀茂神社から下鴨神社の鴨川沿い北山通は、
大文字と妙法の観賞スポットくわしくは【京都の年中行事】へ
花暦&歳時記
                       
三柏
深泥i池

上賀茂神社

上賀茂・下鴨
紅葉
上賀茂神社

半木の道
杜若
大田神社
4日
蹴鞠初め
下鴨神社
18日
燃灯祭
上賀茂神社
3日
流し雛
下鴨神社
1〜15日
葵祭
上賀茂・下鴨
16日
送り火
鴨川沿い
8〜9日
烏相撲
上賀茂神社
京都全域の   花暦はコチラ   歳時記はコチラ
地図へ戻る  
糺の森の静寂の
中で本格懐石料理
吉泉
地図へ戻る  
京都のホテル旅館
満足度ランキング
情報がお役にたちましたらWeb拍手で応援してください
更新の励みになりますm(_ _)m→
 
 
お探しの情報が見つからない時は↓
サイト内検索
カスタム検索
 
 

このページの先頭へ戻る